アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

【ファストザイム】前後の飲み方が重要だからファスティングセットが便利

「最近食べ過ぎだから」、「腸内環境をすっきりしたいから」、「体を休ませたいから」など様々な理由でファスティングをする人が増えています。

その中でも自宅でできるだけ酵素ファスティングができる「ファストザイム ファスティングセット」は初めてファスティングをする人にとって便利なのでとても人気ですね。

 

ファスティング前後に食べる内容が大事

ファスティングと言うと、実際にファストザイムを飲むファスティング(断食)期間が重要だと思って、その期間だけに注目する人がほとんどだと思います。でも、本当に大切なのはその前後の期間だと言われています。

ファストザイムをする前の「準備期間」と飲み終えた後の通常の食事に戻るまでの「復食期」は意識しない人が多く、前日までいつもの食事をして、次の日からいきなりファスティング。そして、ファスティングが終わったらいきなりいつもの食事に戻す。

これでは体の負担が多くリバウンドの可能性が高くなってしまいます

ファスティングを行う時には徐々に体を慣らしていくために準備期間は消化の負担が少ない食事を心がけた方が結果が全然違ってくると言われています。

また、ファスティングが終わった直後は体が乾燥したスポンジみたいな状態ですから、いきなりいつもの食事に戻ってしまったらリバウンドの原因になってしまいます。だから、復食期も体への負担が少ない食事から初めて徐々に戻していく方が効果的だと言われています。

その点、ファストザイムのファスティングセットなら準備期間用、復食期用の食事もセットされているのでいちいち食事を前後の食事を考える手間がなくて便利だと思います。

 

▼ファストザイム ファスティングセットの購入はコチラ▼

 

ファスティングの前後に摂ったらいけない物

ファスティング当日はファスティングドリンクを飲むのでいいのですが、ファスティング前後は具体的にどうしたらいいのかよく分からないこともあると思います。

普段の食事が脂っこい物やお菓子、お酒などをよく摂ってしまう生活になりがちだったら、前日までそんな食事だったのにいきなりファスティングに突入するとそのギャップで体に負担が生じてしまいます。

だからファスティング準備期には脂っこい食事や砂糖、カフェイン、アルコールなどの刺激物は控えた方がいいと言われています。

また、ファスティングが終わった後の復食期も体がすっきりした状態にいつもの食事は負担が大きすぎるのでリバウンドの原因になってしまいます。やっぱり回復期間として3日くらいは油っこい食事や砂糖、カフェイン、アルコールなどの刺激物は食べない方がいいと思います。

以前、勤めていた職場でファスティングをしていた同僚がいました。もう何年も前のことで使っていたファスティングドリンクはファストザイムではありませんでしたが、使ってスッキリすると言っていました。

でも、初めて使った時が一番結果が出て、徐々に出なくなったと言っていましたが、ファスティング期間中はよくてもその前後の期間の食事に手を抜いているようでした

初めてチャレンジする時は準備期・回復期ともに気を付けた食事をしていたのに2回目、3回目ともなると慣れてくるので回復期などに普段の食事やおやつを食べていた記憶があります。そのまま結果に表れるわけということですね。

効果的なファスティングを行うためにはないがしろにしがちな準備期・回復期の食事が重要なので控えるものをきちんと憶えておくこともポイントになります。

ファストザイム ファスティングセットの購入はコチラから

 

準備期・回復期に何を食べていいのか分からない…

準備期や復食期、回復期に食べる内容が重要なことは分かったし、控えた方がいいものも分かった。じゃあ、実際にどんな食事を心がけたらいいのかとなるとよく分からないかもしれません。

禅寺の断食道場では復食期におも湯やおかゆを食べて徐々に体を慣らす感じになっていましたが、ファスティング中は身体がだるくて買い物も面倒かもしれませんし、食材にこだわって色々揃えると費用がかさんで仕方ないと思います。

それに毎日忙しくて料理にそんなに時間がさけないし、面倒だと感じる人もいると思います。

そんな時には「ファストザイム ファスティングセット」は準備期用の食事1日分と復食期用の食事3日分、さらに回復期用におやつが2回分入っているのでわざわざ準備する必要がありません。

その食事も玄米や黒米、黒テンペなどを使って消化にもよく栄養価も高いおかゆ「酵素玄米黒テンペ粥」。シソや御種人参、松の実、ショウガなどの薬膳が入った美容と健康によく胃腸にも優しい「美的食膳テンペポタージュ」です。

どれも消化によいのでファスティングの前後に摂る食事としてはピッタリです。

おやつ用にセットされている「ファスとビューティバー」はナッツや黒テンペ、チアシード、デーツなどのすーぺーフードが豊富なバーになっていますが、食物繊維が多いので胃腸に負担がかかってしまいます。

ファスティング翌日よりも翌々日からおやつとして食べ始めた方がいいと思います。

ファストザイム ファスティングセットの購入はコチラから

 

ファストザイムの口コミ・評判

何だかんだ言ってファスティングを行う際にはファスティングドリンクの質が一番重要です。そこでファスティングドリンク「ファストザイム」の口コミ情報を集めてみました。

実際に体験した人の感想はファスティングに興味がある人にとって、とても参考になると思うのでぜひチェックしてみてください。

※口コミ情報は販売サイトから引用しました。

 

 

初めて食事の事を考えて生活をしました。

最初は不安でいっぱいでしたが、やってみると意外と空腹感もなく続けることができましたし、身体が軽くなった感じがしました。

後、鼻炎があるのですが、症状がよくなった感じがありましたので、できる限り続けて行きたいと思います。


 

ファスティング中の体重は戻りましたが、食べること・料理に対して色々考えるようになって生活習慣を見直したり改めたりするいい機会となりました。

あまり食べることに制限するのではなく、運動も取りいれたりお料理の仕方を工夫して、バランスよく健康を維持していきたいと思います。また近い内にファスティングにトライします。

朝ファスティング、半日ファスティングも継続中です。


 

産後太りが気になって3日間だけ試してみました。酵素独特のにおいとかしないか心配でしたが想像していたよりもずっとおいしくてガブガブいきそうな感じデス。

炭酸水で割って飲むとそれほど空腹感もなく、1キロくらい減って個人的には大満足です。

ここ数日体調がほんとにいいので健康のためにも続けてみたいと思います。


 

断食に対して取り組むのにすごく難しいと思っていましたが、やってみると案が楽にできた自分に驚いています。

食生活をよりヘルシーなものに見直すきっかけができたこと、身体も心も軽やかになってスッキリしたことが何よりもうれしかったです。

次はいつにしようかと。トライするのが楽しみです。

 

他にも口コミ情報を色々と見てみましたが、ファストザイムは多くの人に好評でした。口コミを見ていて思ったのがはファスティングはきっかけに過ぎないということです。

初めて、ファストザイムを飲んでファスティング体験をすることで今まで自分の食生活や身体について考える機会がなかった人がそれを振り返るいい機会になっているようでした。

また、ファスティング(断食)は過酷な印象がありますが、やってみると意外とできるものです。口コミにもそんな感想がありましたが、先日友人も6日間の断食をしていましたが、元気そうでした。

今の食生活はどうしても体に負担の大きい内容になりがちなのでファストザイムを使ったファスティングを通して、食事や生活習慣を見直すのにはいいのではないでしょうか。

ファストザイム ファスティングセットの購入はコチラから

 

ファストザイム ファスティングセットの使い方

ファストザイム ファスティングセットはファスティングを生活に取り入れやすくできるようセットにしてあるのがメリットですが、具体的には「通常期」「ファスティング準備期」「ファスティング期」「ファスティング回復期」の4つの期間に分けると効果的に使えると思います。

 

通常期

普段からファスザイムの成分を体に摂りいれるために「朝イチ」と「食間」に約30mlずつ飲みます。その際のポイントは朝食は少なめにすることです。

 

ファスティング準備期

ファスティングの前日はすでにご紹介したように脂っこい食事や刺激物はできるだけ控えて、ファストザイム中心の食事にしていきます。朝飲むファストザイムの量を60mlに増やして、セットに入っているテンペポタージュや黒テンペ粥を食べることでカラダを整えていきます。

 

ファスティング期

ファスティングの期間は1~3日になると思いますが、ファストザイム300mlを一度に飲むのではなく、少しずつ5~6回に分けて飲んでいきます。ポイントになるのが水分補給を忘れないことです。2Lは飲んだ方がいいと言われています。

 

ファスティング回復期

ファスティングですっきりした体を通常の食事に戻していくための重要な時期です。食べる内容自体はファスティング準備期と同じでいいのですが、大切なのはその期間です。

準備期は1日でしたが、回復期は3日間は体を徐々に慣らしていくために同じ食事をしていった方がいいと思います。

 

ファスティングの意味を忘れないで

ファスティングと言うとすぐにダイエットを連想する人が多いと思います。でも、本来は普段働きっぱなしな胃腸などの消化器官を休ませてあげる意味があることを忘れてはいけません。

特に欧米型の食生活が当たり前になってきた今の日本では消化器官が休まるヒマがないくらいつねにカロリーモンスター達をばくばく食べている人がほとんどです。

するとどうしても体にも悪影響が起きがちです。そのため、ファスティングで3日間、食べ物を体に入れないと消化活動を行わないので臓器が休まって回復しやすいと言われています。ダイエットは結果論なのですね。

 

▼ファストザイム ファスティングセットの購入はコチラ▼

-健康グッズ