アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

エネピならLPガスも安くできるって知ってました?【口コミもチェック】

我が家のアパートではガスは毎月地面をゴロゴロいわせてやってきます。そう、プロパンガス(LPガス)を使っています。ここのところ、気になっているのが値上げのお知らせが多いことです。

定期的に一方的に値上げだけされるのは困ったものですが、選択肢がないのもさらには困ったものです。電気代のように複数の業者から選ぶことができないものかと思っていたらありました。それが「enepi(エネピ)」です。

 

エネピ(enepi)の口コミ・評判

プロパンガスの一括見積ができるエネピですが、実際に利用してプロパンガスの業者を変更した人の口コミ情報を探してみました。今、使っているプロパンガスの料金が高くて悩んでいる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

エネピのカスタマーサポートの人が分かりやすくていねいに説明してくれたため、新しいガス会社にスムーズに切り替えることができました。

ガス会社と個別に話す必要がなく、大変効率が良かったです。


 

プロパンガスだけ毎月集金でちょっと大変だなと感じていました。

カード対応できる業者を探そうと思い、エネピを使ったらカード決済ができてガス代も安くなる会社に切り替えることができました。


 

もう20年近く同じプロパンガス会社を利用していて、ガス会社を代えられると知ってびっくりしました。

実際に変えてみて、ガス料金はとても安くなりましたし、こんなに簡単に変えられるかと分かってまたビックリしました。


 

もう少しガス料金が安くならないかな…と思い、試しに見積もり依頼をしてみました。

結果的に3社のプロパンガス会社の見積もりをもらい、納得して選ぶことができました。

半額近くの料金になり、とても満足しています。

 

ガス料金が高いことで悩んでいる人は多いですが、同じぐらいガス会社は変更できないと思いこんでいる人も多いです。私も含めて固定観念って怖いですね(笑)

そして、口コミを見ていて思いましたが、ガス料金ってなぜか当たり前のように集金や銀行振込だったりします。電話代も電気代もクレジットカード対応しているのに不思議ですね。

でも、エネピなら探せばカード対応しているガス会社もあることが分かりますから、そういったガス会社を選ぶこともできますからとても便利です。

 

▼エネピ(enepi)の無料見積もり依頼はコチラ▼

プロパンガス会社への不満ありますか?

プロパンガス会社にこだわりを持つ人は少ないと思います。大体がアパートやマンションであれば、最初からガス会社は決まっていますし、一戸建てなら不動産会社がすすめる業者とそのまま契約することが多いです。

だから、色々な不満がどんどんでてきます。ガス会社によって料金が異なるのに相場が分からないからどんどん値上げされても渋々承諾するしかありません。

また、ガス代の支払いはすっきりしたいからクレジットカード払いにしたくても、集金や銀行振込しか対応していない業者が多いですから仕方ないとあきらめている人は多いです。

対応も決していいとは言い難い業者がかなり多いです。今まで引越しを何回かしていますが、ガス会社の対応が良かったと感じたことは正直一度もありません。

そう言った一つ一つのことは小さなことだとしても重なってみると実は大きなストレスになっていることが多いです。だから、エネピなどを使ってあなたにベストなガス会社を探すのはいいことですよね。

エネピ(enepi)への無料見積もり依頼はこちらから

 

実は公共料金ではないプロパンガス

いわゆるライフラインと言われる電気や水道と同じようにガスも公共料金だと思いがちですが、実はLPガス(プロパンガス)は公共料金には含まれません。ちなみに都市ガスは公共料金の位置づけになります。

公共料金の場合は契約する会社によってそこまで極端に料金が変わることはありませんし、値上げする場合も事前告知や料金の内訳についてもきちんと請求書などで説明されています。

でも、プロパンガスの場合は実は会社によって基本料金や単価が自由に決定できます。だから、業者によって料金に大きな開きが出やすく、エネピを利用して月に7,000円以上も安くなるケースがあるほどです。

 

 

意外と知らないガス料金の相場

ガス料金の相場は自由料金なので地域や毎月どれだけ使ったかによって当然価格が変わってきますが、「基本料金」とどれだけ使ったかを表す「従量料金」で毎月のガス料金は決まります。

基本料金も従量料金も業者によって開きがあるのですが、全国平均だと一戸建ての場合で基本料金が1,600~1,800円、従量単価は300~500円と言われています。

アパートやマンションの集合住宅になると基本料金、従量料金どちらも一戸建てに比べて1割程度高く設定されています

これはあくまでも全国平均であって、ガス基地が近くにあり配送にかかる費用が抑えられる関東近辺だったらガス料金は比較的安くなりますし、逆に北海道や東北、九州といったガスの輸送コストがかかる地域だと高めになります。

エネピ(enepi)への無料見積もり依頼はこちらから

 

アパートやマンションの賃貸はハードルが高い

アパートやマンションに賃貸契約で住んでいる人もプロパンガスの料金を安くいたいところですが、ほとんどの集合住宅が大家さんがまとめて業者と契約しています。そのため、住んでいる人が勝手に今使っているのとは別のガス会社と契約することができません

逆に言えば大家さんの了承が必要なのであれば、その大家さんに相談することで安い業者さんと契約するよう勧めることは可能です。大家さんが契約するガス会社を代えることで自分のお部屋のガス料金も安くすることは可能ですね。

ちなみにガス会社を変更した際に交換するものはLPガスが入っているガスボンベとメーターのみです。それ以外の部屋への引き込み管などはそのまま生かしますからあまり必要な工事がないのも魅力です。

差し替え工事自体も30分もあれば終わるものなので、大家さんに相談してみたい方はその編も説明材料になりますね。

エネピ(enepi)への無料見積もり依頼はこちらから

 

エネピ(enepi)でガス会社を切り替える流れ

エネピを依頼して自宅のガス会社を変更したいと思った時にスケジュールもありますから、利用するまで何をしないといけないのか抑えておきたいところです。エネピでガス会社を切り替える際の流れは以下の通りです。

 

 

まずは何はなくとも無料見積もり依頼からスタートします。エネピが提携しているガス会社は不当な料金値上げをするような業者は排除していますし、一定の販売規模を持つ会社や保安体制・サービス体制がしっかりした会社ばかりなので安心です。

見積もり依頼をしたら紹介したガス会社からメールで見積書が送られてくるのでサービス内容や料金を比較して契約したいガス会社を決定します。次にその業者が現地を訪問して詳細な見積もりを出してくれるのでそれに納得できた時点で申し込みになります。

後はガス設備の切り替えになりますが、ここが重要です。今まで使っていたガス会社から新しいガス会社に切り替える際の交渉や調整はエネピが行ってくれます。あなたがわざわざ解約の連絡や調整を行う必要はありません。

最終的にガスボンベとメーターの切り替え工事をしたら、今まで通りガスが使えて料金も安くなる生活のスタートです。

工程自体は色々とありますが、あなた自身が関わらないといけない部分はそんなに多くありませんから、忙しくても対応できそうな内容ではないでしょうか。

それに一番エネルギーを使いそうな今まで使っていたガス会社への連絡や新しいガス会社との調整などはエネピが行ってくれるのはうれしいポイントですね。

 

▼エネピ(enepi)への無料見積もり依頼はこちら▼

-サービス