アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

eFaxはFAX番号(市外局番)を選べるのが最大の魅力

仕事先でFAXを使っていている様子をみて思うことがあります。ペーパーレスと言われて久しいのになぜ未だに紙ベースのFAXが現役なんだろうかと疑問なんです。

この間、よく見ているブログで旅館業界ではFAXが必須アイテムと言っていました。代理店などからくる予約情報は今でもFAXで届くんだそうです。だから旅館を始めるならFAXが無いといけないんだそうです。

 

FAXの買い替えが難しい現状にピッタリのeFax

とは言え、携帯電話(スマホ)が普及して固定電話を置いていない家庭がどんどん増えているのも確かです。先日FAXが壊れたということで頼まれて電器屋さんに見に行って驚きました。

まず、FAXコーナーが分からない(笑)見つかったとしても選択肢が少ない(笑)需要が少ないからメーカー側の供給も少なくなっているんでしょうね。悲しい悪循環です。

プリンターとFAXを兼用させる方法もありますが、正直専用機の方が使いやすいです。でも、本体があまりない。世知辛い現状です。

でも、FAXは会社でまだちょっとだけ必要(特にお役所関係からまだFAXが届くんですよね)なツールだったりします。そんな時に便利なのがインターネットFax「eFax」です。

インターネットファックスは電話回線ではなくインターネットを通じてFAXの送受信を行うシステムです。もちろんこちらがインターネットファックスで相手が通常のFAXでも普通に送信・受信ができます。

eFaxの申し込みはコチラ

 

eFaxはFAX番号(市外局番)が選べるので法人にピッタリ

今回ご紹介するeFaxは初期費用不要ですが、月額利用料金が1,500円と他のインターネットファックスに比べて少し高めになっています。でも、代わりに最大の魅力がFAX番号です。

ほとんどのインターネットファックスはFAX番号(市外局番)を選べない(大体050-XXX-XXXX形式)、もしくは050発信か東京(03-XXXX-XXXX)発信のどちらかの選択ぐらいです。

個人や番号にこだわりがない法人はいいかもしれませんが、会社ってやっぱりイメージが大きいです。電話番号とFAX番号の市外局番が同じ方がいいイメージを持ちがちです。

eFaxでは選択できる市外局番が全国すべての都道府県をカバーしています。※ただし、すべての市外局番が選べるわけではありません

eFaxで選べる市外局番

都道府県名 市外局番 都道府県名 市外局番 都道府県名 市外局番
北海道 011 愛知県 052 山口県 083
0166 静岡県 053 島根県 0852
青森県 017 054 鳥取県 0857
秋田県 018 山梨県 055 岡山県 086
岩手県 019 岐阜県 058 香川県 087
宮城県 022 三重県 059 徳島県 088
山形県 023 大阪府 06 高知県 088
福島県 024 072 愛媛県 089
新潟県 025 和歌山県 073 福岡県 092
長野県 026 奈良県 0742 093
群馬県 027 京都府 075 0942
栃木県 028 石川県 0762 長崎県 095
茨城県 029 富山県 0764 佐賀県 0952
東京都 03 滋賀県 077 熊本県 096
042 福井県 0776 大分県 097
千葉県 043 兵庫県 078 沖縄県 098
神奈川県 044 079 宮崎県 0985
045 広島県 082 鹿児島県 099
千葉県 047 084 - -
埼玉県 048 -  - - -

法人の住所と同じ市外局番であれば、eFaxは使いやすくペーパーレス化に一役買うのではないかなと思います。FAXDMは未だに送られてきたりするので不要なFAXに紙代を使うこともばかばかしいですし。

eFaxの申し込みはコチラ

 

eFaxの送り方はメールで簡単

eFaxはインターネットを経由してFAXの送受信を行います。eFaxのマイページ上で操作を行いますが、どうやって送受信するのか気になると思います。

 

eFAXでFAX受信を確認する方法

まず、Faxが着信した時は登録したEメールアドレス宛に通知が送られてきます。

「"Fax番号"からファックスを受信しました」という件名のメールが記載されていて、FAXの内容はメールにPDF形式で添付されているのでそのまま見ることができます。

 

eFaxの送信はマイページのメール送信機能

むしろ気になるのがFAXの送信方法です。どうやって送信するんだろうと思われるかもしれませんが、答えはメール機能を利用します。宛先に送信先のFAX番号を入れて送信することになります。

例えば03-1234-5678という番号にFAXを送る場合、日本の国番号「81」に市外局番から0を取って「3」、加えて残りの番号を追加し、最後に「@efaxsend.com」を入力します。

そうすると送信先の宛先メールアドレスは「81312345678@efaxsend.com」になります。

送信するFAXの内容はもちろん紙ではなく添付ファイルになりますが、PDF形式やワード(.doc形式)、エクセル(.xls形式)、パワーポイント(.ppt形式)、JPG、GIF、などのファイルが添付することができます。

送信するメールの本文がFAXの送付状になるので本文に記載する内容は少し気をつけないといけません。

後、FAXが送信完了したら、送信確認メールアドレス宛に届くので無事FAXが送られたか不安に思うことはありません。

eFaxの申し込みはコチラ

 

eFax の解約はヘルプから

eFaxを利用しはじめてから解約をしたい時に迷うかもしれません。eFaxのサービスを解約するには電話やメールでは解約できません。

一旦本人確認が必要になるのでeFaxにログインしたら、ヘルプに解約方法が記載されているのでそこに書いてある手順に従って解約を行う必要があります。

eFaxの申し込みはコチラ

 

eFax 料金は送受信料金コミコミ

上の方で書きましたが、eFaxを利用しようと思ったら、初期費用は無料で、月々の利用料は1,500円(税別)で1年一括払いだったら18,000円(税別)です。一括払いの方が安そうに見えますが割引はありません、念のため。

通常FAXの送信には電話料金が別途かかりますが、eFaxの場合はFAXの受信、FAXの送信共に150ページまでは無料で行えます。どちらも150ページ目以降は送信の場合も受信の場合も1ページ10円必要になります。(国内宛の場合)

通常のFAXよりもお得に使えるeFaxですが、それでも不安に感じるかもしれません。そのため、eFaxは30日間無料で体験できます。その間はすべての機能を使うことができます。

31日目からは有料プランに移行するので無料トライアル期間中に仕事に使えるかどうか判断したらいいのかなと思います。

 

▼eFaxの申し込みはコチラ▼



 

-サービス