アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

住居

テンタコシステムなら生ゴミ用ディスポーザーを無料お試しできる

料理をしているお家だと常につきまとうのが生ゴミ問題です。野菜のはしっこや食べ残しなどを三角コーナーにためて水切りをしたらゴミ箱入れ、可燃ごみの日に出す。

それって、家事の中でも結構手間ですよね。そんな生ごみの手間をなくしてくれるのがテンタコシステムのディスポーザーです。

 

そもそもディスポーザーって何?

ディスポーザーは水洗いのシンクの下に設置するごみを粉砕する機械のことです。シンクの排水口と配管の間につけることでそのまま生ゴミを排水に入れることが可能です。

ディスポーザーに入った生ごみは細かく粉砕されてそのまま配管を詰まらせることなく通っていくのが特徴です。そのため、衛生面を中心にお家でのメリットがたくさんあります。

テンタコシステム「ディスポーザー」無料相談はコチラから

 

ディスポーザーは三角コーナー不要でとっても衛生的

テンタコシステムのディスポーザーを使ったら、料理をした時の野菜くずや食べ残しを三角コーナーにとっておく必要がなくなります。だから三角コーナー周辺にできやすいぬめりともお別れですし、シンク周りも広々と使えますね。

また、生ゴミ自体がかなり減るので夏などに特に起こりやすい悪臭が発生することがありませんし、シンクの掃除も楽チンになるのはうれしいポイントです。

生ゴミが排水口にそのまま流せてシンクに残しておく必要がないということはゴキブリ対策にもつながります。ゴキブリがエサとする食べ物自体が三角コーナーにないわけですから、エサがないところにゴキブリが来る意味がありませんからね。

暖かくなると毎晩悲鳴をあげる必要もなくなるのはディスポーザーの一番のメリットかもしれませんね。

テンタコシステム「ディスポーザー」無料相談はコチラから

 

ディスポーザーは生ゴミを出す手間を減らす

昔は家庭で出た生ごみをたい肥にする習慣がありました。実家では定期的に近所で借りていた畑に埋めていた記憶があります。

でも、今ではほとんどの家庭では生ごみは可燃ごみの日に回収してもらっていると思います。見逃しがちですがこれって結構手間なことではないでしょうか。

生ごみはいくら水切りしていても結構かさばりますし、重さもあります。毎日料理をしている家庭なら余計にそれを感じます。それに最近ではゴミ袋が指定の袋を購入しないといけない自治体も増えていますからゴミが増えるとそのままゴミ袋代もかさんでいきます。

でも、ディスポーザーを使ったらそれまで可燃ごみの日に出していた生ごみがそのまま排水に流れていきますからゴミの量が激減することになるわけです。

回収日の朝に重たいゴミ袋を持って、回収場所まで歩いていく必要がなくなるのはかなりのストレス軽減になります。

テンタコシステム「ディスポーザー」無料相談はコチラから

 

テンタコシステムのディスポーザーの口コミ・評判

ディスポーザーを使った時のメリットは分かったところで、実際に家につけたらどんな感じなのかも気になるとろこです。そこで実際にディスポーザーを利用している方の口コミ情報をご紹介したいと思います。

 

 

特に春夏は生ゴミ自体が腐りやすくゴミ出しの日まで家の中にゴミがあるのがとにかく嫌でした。

臭いがしないように何枚も袋を重ねたり工夫してましたが友人の家でディスポーザーを見せてもらい、思い切ってうちも導入しました。

料理の度にゴミがその場で処理できるのでストレスがなくなって本当にうれしいです!


 

我が家は共働きのため私も疲れてる日はついつい後片付けが後回しになりがちだったのですが、導入してから主人が生ごみ処理が楽しいようで進んで家事を手伝ってくれるようになりました。

ぬめりもないのでキッチンがいつも清潔で嬉しいです。

 

キッチンを清潔に保つのは結構重労働です。特に最近では夫婦共働きの家庭が増えていますから生ごみの処理自体がストレスという人も多いですよね。

水仕事をしない人は気づきにくいかもしれませんが、夏場の生ゴミ処理はかなり嫌な作業ですから、それから解放されるだけでも気持ちが楽になること間違いなしですね。

テンタコシステム「ディスポーザー」無料相談はコチラから

 

ディスポーザーの気になること調べてみた

ディスポーザーって、多くの方にとってこれまでの人生であまりお目にかかる機会のなかった商品だと思います。だから、いざお家に設置するとなると気になることも色々あると思います。

そこで、ディスポーザーに関する疑問点をいくつか調べてみました。

 

一戸建てでもマンション・アパートでも設置できるの?

ディスポーザーは流しの排水口と配管の間に設置するので流し台さえあれば基本的には一戸建てでもマンション、アパートでも設置は可能です。

また、元に戻すことも可能なのでお引っ越しをしないといけない場合にも、引越し先に持って行くことが可能です。

 

ディスポーザーのお手入れってどうするの?

基本的にテンタコシステムのディスポーザーはメンテナンスフリー、お手入れが不要のモデルのみを扱っています。安心して使い続けることが可能です。

 

ディスポーザーに流してはいけないものってあるの?

生ゴミになるものは何でも流してしまいそうになりますが、ディスポーザーでも処理できないものがいくつかあります。その代表的なものが以下の例です。

 

ディスポーザーで処理できないもの(一例)
・枝豆の皮
・トウモロコシの髭と皮
・タケノコの皮

 

植物の皮にあたる部分はディスポーザーでも処理が難しいということですね。この辺は生ゴミとして分別して出す必要がありますがどれもあまりかさばらないものなのであまりストレスにはなりませんね。

ちなみにラーメン屋に導入されている業務用のディスポーザーでスープに使ったとんこつをそのまま流していたので動物性の硬い物は結構流せるみたいですね。

後、ディスポーザーはあくまでも生ごみ粉砕機になるので金属類プラスティック、ビニール、紙は処理できませんから分別はしっかりする必要があります。

テンタコシステム「ディスポーザー」無料相談はコチラから

 

テンタコシステムのディスポーザーは無料でお試しできる

ディスポーザーに興味はあっても以下のように様々な機種がありそれなりに値段がしますから、いきなりお家に導入するというのはかなりハードルの高いことです。

 

 

そこでテンタコシステムでは1週間の無料お試しサービスを提供しています。希望される場所にディスポーザーを設置して1週間無料でディスポーザーをお試しすることが可能です。

もしお試し期間が終了して継続するならそのまま契約になりますし、うちには不要だと感じたらメーカーが回収に来てくれます。あなたに負担なくディスポーザーをお試しできるのは魅力的ですね。

 

無料お試しキャンペーンの注意点

ディスポーザーを無料でお試しできるのはうれしいですが、ディスポーザーの取り付けには工事が必要となるため、このキャンペーンは現在関東エリアのみに限定して行われています。

もし、関東エリアにお住まいでディスポーザーに興味があったらまずはお問い合わせで詳しく相談されるといいですね。

 

▼テンタコシステムのディスポーザーの無料相談はコチラ▼


-住居