アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

エクササイズ

トップアスリートも注目!ディモア ネクサスの口コミ情報

2020/04/21

体を鍛えるためジムに行っている人は多いですが、思ったような成果に結びついていないという人結構いますよね。スポーツを長年やっているけど自分に限界を感じている人もいるかもしれません。

自分の思うようにパフォーマンスが上がらないこともあるんじゃないでしょうか。そうです!人は自分が考えているよりも自分の体をコントロールできていないんです。

諸説ありますが、人は自分が持っている力の2割程度しか発揮できていないと言われています。その限界を超えるためにアスリートがディモア ネクサスを使いだしているって知っていました?

ディモア ネクサス(DisMoi Nexus)の購入はコチラ

 

ディモア ネクサスをアスリートが使う理由を口コミで知る

アスリートってネックレスをつけているイメージがありますが、数あるネックレスの中でもディモア ネクサスを選んだ理由はなんだろうなと思ったら、アスリートの口コミがあったのでご紹介したいと思います。

 

 

長年ジムでトレーニングしている方でも、必ず自己ベストが更新できないという「壁」にぶつかります。

自己ベストを更新するには、自分の持つ能力のさらに上の力を出す必要があります。

しかし、その力の出し方を口で説明するのが難しいため、私の持つDisMoi(ディモア ネクサス)を試しに着けさせて、その感覚を実感してもらっています。

 


 

トップレベルの選手たちの中でベストパフォーマンスをするには、自分自身の身体能力を常に最大限発揮する必要があります。

試合中はルール上、DisMoi(ディモア ネクサス)の着用ができないため、試合以外で常に身につけることで本来の力を引き出す感覚を体に覚えさせています。

 

どうやら日々高いパフォーマンスで競技をしなければいけないアスリートにとって、ディモアがその力を維持する手助けになっているみたいですね。

別の口コミにもありましたが、スポーツや身体の動きって感覚的なものが大きいですし、感覚を口で説明するのは難しいですよね。自分のもつ力を引き出す感覚を体験できるのがディモア ネクサスということでしょうかね。

ディモア ネクサス(DisMoi Nexus)の購入はコチラ

 

トップアスリートも身に着けるディモア ネクサスとは?

ヒトの体では日夜、脳から体中の細胞や2,030種類もの生体電流を使って情報伝達が行われています。

しかし、色々な理由があってこの情報伝達が乱れることで体の動き、ひいてはスポーツのパフォーマンスが低下する原因になっています。

そこで生体電流の流れを整え、かつ流れを促すことで動きやすくするのが「ディモア ネクサス」というネックレス(スポーツジュエリー)です。

体を動かすというとスポーツに打ち込んでいるアスリートしかつけてはいけないというイメージを持つかもしれませんが、体を動かすという意味ではスポーツも普段の生活も一緒です。

使い方も簡単で、ディモア ネクサスはネックレスなので首にかけるだけでOKです。それだけで今まで同じことをしてみたら違いを感じられるようになっています。

だから今の限界を超えたいアスリートはもちろん、若い頃に比べて体が動かなくなってきたと感じる方など幅広い人に違いを感じてもらえるのがディモア ネクサスです。

ディモア ネクサス(DisMoi Nexus)の購入はコチラ

 

ディモア ネクサスのヒミツ1 ハーツ加工

ディモア ネクサスはただのネックレスではなく、脳と身体をシンクロさせるのが目的です。そのためにディモア ネクサスにはハーツ加工が施してあります。

ハーツ加工は、人の体が持つ2,030種類の生体電流それぞれがもつ周波数を対象物(ディモア ネクサスの場合はネックレス)に転写するテクノロジー(周波数加工技術)です。

ヒトは脳からの電気信号を受けて、体が動作を行い、またその情報が脳に伝えられという循環を繰り返します。体の動きが悪い時には何らかの理由で脳と身体の情報伝達が乱れているわけですが、ハーツ加工を行うことでその情報伝達の流れをスムーズに行くようサポートするわけです。

ディモア ネクサス(DisMoi Nexus)の購入はコチラ

 

ディモア ネクサスのヒミツ2 テラヘルツ加工

ディモア ネックレスにはテラヘルツ加工も施してあります。テラヘルツ波は最近聞くようになった名前ですが、毎秒1兆回も振動する周波数のことで、よく名前を聞く遠赤外線よりも波長が長いので超遠赤外線とも言われています。

体を温める際に遠赤外線効果という言葉を聞くことがありますが、遠赤外線が皮ふに働きかけられるのは表面的なものに限られます。しかし、テラヘルツ波は波長が長いことで身体の芯まで到達し働きかけることができます。

テラヘルツ波は生命体や細胞に照射することでその細胞内にある酵素やDNAなどの振動が活発になると言われています。

ディモア ネクサスに使われているのはブラックシリカ(別名:黒鉛珪石)です。ブラックシリカは葉緑体など海底に蓄積した様々な有機物が数億年という途方もない期間を経て天然鉱石になったものです。

ディモア ネクサスでは世界中のブラックシリカの中でも最も効能がある上、数が少ない北海道檜山郡上国町山中産の最高品質のものを使っています。

ディモア ネクサス(DisMoi Nexus)の購入はコチラ

 

これに該当する人はディモア ネクサスを買っちゃだめ

ディモア ネクサスには永久磁石も使われています。そのため、いくつかのシーンで使わない方がいいのでそれをご紹介しておきたいと思います。該当する場合はディモア ネクサスの購入は控えた方がいいと思います。

まず、病気をお持ちであるなら「悪性腫瘍」をお持ちの方や「心臓障害」、糖尿病などによる高度な末梢循環障害による「知覚障害」をお持ちの方、「皮膚の感染症」及び/又は「創傷」のある方、「捻挫」「肉離れ」などを起こしている方はディモア ネクサスの使用を避けた方がいいと思います。

また、病気でない場合でも妊娠初期の「不安定期」「出産直後」の方や「安静が必要な方」「熱が38℃以上」ある場合も同様です。

そして、上記に該当しない場合でも構造上磁気ネックレスに該当するため、磁気共鳴画像診断装置(MRI)の検査を受ける予定の方も使うのは避けた方がよさそうですね。

同様にペースメーカーなどの体内埋め込み型医用電気機器を使用されている方や磁気影響を受ける可能性のある医用電気機器を使用されている方もディモア ネクサスを使うのは避けた方がよさそうです。

とは言え、これはディモア ネクサス自体どうのこうのというよりも他の磁気ネックレスでも同じことですね。

 

▼ディモア ネクサス(DisMoi Nexus)の購入はコチラ▼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DisMoi ディモア ネクサス 50cm ネックレス おしゃれ 軽い White Red 白 赤
価格:118800円(税込、送料無料) (2020/4/21時点)

楽天で購入

 

 

-エクササイズ