アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

デトカルボ(DETO CARBO)の口コミを見て内側からスッキリ?

スッキリしなかったり、ぽっこりが気になったり、普段の食生活が不規則になるというのは日本人特有の悩みではなく、世界中で同じように悩んでいる人がいるわけです。

もちろん海外のセレブ達にも同じように悩んでいて、常に新しい方法を探しています。そんな中、最近愛用されているのがチャコールクレンズ法です。

チャコールクレンズは炭(チャコール)を飲んでスッキリをめざす方法ですが、炭に抵抗がある人もいるかもしれません。実は炭は昔から飲まれていて日本でも食経験があることから既存添加物として認められています。

そんな炭が入ったチャコールクレンズを手軽にできるのが「デトカルボ(DETO CARBO)」です。

 

デトカルボ(DETO CARBO)の口コミ・評判

デトカルボを飲んでいる人たちがどんな感想を持っているのかと思い、口コミ情報を探してみました。参考になると思いますから、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

好きなお洋服もサイズが合わなくなってきて…

このデトカルボを飲んでみることにしました。

おかげで毎日楽しく過ごせています。オシャレも継続できて職場でも笑顔が増えました。


 

活性炭にパワーがあると知っていたのでコレを試してみることにしました。

正直どうなのかなと思っていましたが、想像以上に飲みやすくて内側からのスッキリを感じています。


 

今まで色んなボディメイクをやってきましたがどれも続かなくて、どうしようかと思っていました。

けど、これなら溶かして飲むだけなのでものすごく簡単で続けられています。

 

みなさんが飲んでいるのは結果が伴っているのはもちろんのこと、飲みやすさもポイントですよね。

デトカルボは溶かして飲むだけの手軽さなのでその点も口コミでも評価されているんでしょうね。

後、他の商品ではダメでデトカルボを飲んでいるという口コミもありましたが、ボディメイクは色々試してジプシーになっている人も多いですから、そんな人にとってもデトカルボはやってみる価値がありますね。

 

▼デトカルボ(DETO CARBO)の購入はコチラ▼


炭の形がサポートのヒミツ?

デトカルボには活性炭が配合されています。炭の一番の特徴はその形(構造)にあります。炭を拡大してみると小さな穴(孔)がたくさんあることが分かります。

この小さな穴にさまざまな物質が吸着しやすくなっていて、まさにフィルターの役割をしてくれます。だから、体の内側からすっきりを目指したい時にはピッタリのサポーターになってくれるわけですね。

 

炭はコゲじゃないよ

活性炭というとその見た目(黒さ)からバーベキューなどでできるコゲと勘違いされることがよくあります。だから、炭を食べることができるというと驚かれることが多いのです。

そもそもコゲと炭は出来方が全く違っています。コゲは例えば火に直接あたって黒くなった状態です。炭も同じように加熱はしますが、実は直接火が当たっているわけではなく蒸し焼きの状態になっています。

そのため、炭の材料となる松や竹、やし、ウバメガシなどの水分だけがうまく抜けていくのでコゲのようないわゆる焦げ臭い不快な味はなく、無味無臭になっています。

デトカルボ(DETO CARBO)の購入はコチラから

 

デトカルボは活性炭以外の成分にも注目

デトカルボは原材料を見ていると活性炭以外にも注目成分が様々入っていることが分かります。

 

デトカルボの成分
難消化性デキストリン(フランス製造)、還元麦芽糖水飴、脱脂粉乳(乳成分を含む)、ドロマイト、大麦若葉/トレハロース、糊料(サイリウムハスク、キサンタンガム、コンニャクイモ抽出物アルギン酸ナトリウム)、クエン酸、活性炭、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

 

これらの中から特に注目したい4つの成分(太字の箇所)をご紹介したいと思います。

 

コンニャクイモ抽出物

昔からおばあちゃんの知恵袋的な感じで「こんにゃくは体の砂払い」と言われてきました。ここで言う砂はリアルな砂と言うよりも老廃物のイメージです。だから、食べなさいとよく言われていた記憶があります。

実際、こんにゃくにはグルコマンナンと言う水溶性食物繊維を始め、様々な食物繊維が豊富に含まれているのが特徴で健康食品にもよく使われています。

 

アルギン酸ナトリウム

アルギン酸ナトリウムも食物繊維の一種で海藻によく含まれている成分です。美容や健康のために海藻を食べるように言われていますね。

アルギン酸ナトリウムも健康食品などによく使われています。

 

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは自然由来の成分で植物のデンプンから抽出された水溶性食物繊維です。最近では特定保健用食品(トクホ)にもよく使われていることからおなじみの成分になりつつあります。

内側からのサポートにピッタリですね。

 

サイリウムハスク

あまり聞きなじみのない名前ですが、オオバコの仲間でそのタネの皮から精製された成分には食物繊維が豊富に含まれることが知られています。

 

これらのサポート成分でカラダの内側からのスッキリを応援してくれるのがデトカルボです。

デトカルボ(DETO CARBO)の購入はコチラから

 

カンタン!お水に混ぜの飲むだけ!【デトカルボの使い方】

デトカルボの口コミにもあったように使いやすさもポイントの一つです。その点でデトカルボは1回分ずつがスティック状に分包されているので持ち運びもしやすくお家だけでなく職場や学校、外出先でも気軽に摂ることが可能です。

飲み方も簡単でデトカルボ1包を100mlぐらいのお水やぬるま湯に混ぜて飲むだけです。

もちろん、デトカルボは医薬品ではありませんから必ずお水かぬるま湯で飲む必要はありません。コーヒーや牛乳、豆乳、ヨーグルトなどに混ぜてもおいしく摂ることができます。

毎日同じパターンで飲むのは飽きが来やすいですから、色々な飲み物に混ぜて気分を変えながら続けられるのもメリットの一つですね。

デトカルボ(DETO CARBO)の購入はコチラから

 

デトカルボを摂るのを止めた方がいい人

デトカルボの公式サイトには以下の内容の注意書きがしてあります。

薬を服用している人や通院・入院中の方は使う前にお医者さんに相談してください。

炭の吸着力があるので体に必要な成分が炭にくっついてしまうことがないとは言い切れませんからね。該当する人は購入前にかかりつけのお医者さんに聞いてみた方が失敗がないと思います。

また、原料に脱脂粉乳なども使われていますから、アレルギーがある人は飲むのを控えた方が良さそうです。

 

デトカルボの原材料
難消化性デキストリン(フランス製造)、還元麦芽糖水飴、脱脂粉乳(乳成分を含む)、ドロマイト、大麦若葉/トレハロース、糊料(サイリウムハスク、キサンタンガム、コンニャクイモ抽出物、アルギン酸ナトリウム)、クエン酸、活性炭、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)


多くの人が飲んで口コミでも評価が高いデトカルボですが、人それぞれ体質も違いますから過度な期待はせず継続して飲み続けるのが一番ですね。

 

▼デトカルボ(DETO CARBO)の購入はコチラ▼


-健康グッズ