アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

ダーククレンズは口コミでも評判の健康・美容素材の宝石箱や~~!

チャコールドリンクという名前を聞いたことがある人は女性を中心に増えていますが、中身が「炭」と聞くと驚くかもしれませんね。実は炭は既存添加物として口に入れても安全なことが知られています。

とは言え、炭を口に入れることに抵抗のある人は多いですから、ダーククレンズのように飲みやすくしてくれているチャコールドリンクには人気が集まっています。

 

ダーククレンズの口コミ情報から分かること

いくら飲みやすいとは言え、ダーククレンズの味って商品説明だけでは分からないことがありますが、そんな時に参考なるのが口コミ情報です。実際に飲んでいる人ならではの感想なので参考になるのではないでしょうか。

 

 

働きながら3歳の子供の子育てもあり、時間もなかなか取れずにいた時にダーククレンズと出会いました。

朝はヨーグルトに混ぜて、日中はコーヒー代わりに飲んだりとスッキリしたベリーの味が時間がなくても飽きずにずっと続けられそうです。

これからも新しい飲み方を見つけたいです。


 

寒い時はお湯割りで、暖かい時は炭酸割。後は、プレーンヨーグルトにダーククレンズを加える食べ方がおいしいです。

ザクロ&ベリーで本当に飲みやすい!美容成分もたっぷり含まれてるのできれいでいたい女の子の味方のドリンクです。


 

チャコールドリンクは試してみたかったけど、どれがいいのかわからずコンブチャクレンズで有名なアーリーサンライズから発売されたということで試してみました。

最初は真っ黒でびっくりしたけど、さすがコンブチャの会社!朝はヨーグルトに混ぜて、仕事中は炭酸に割って飲んでいます。とってもおいしいし、続けられそう。

 

ザクロとベリーの風味で飲みやすそうなことが口コミでも分かりますが、注目したいのが飲み方です。お湯や炭酸で割ったり、ヨーグルトに混ぜたりしていることから濃い目のドリンクになっていることが分かります。

濃いのが苦手な人は少し薄めにしたりと調節できるのでしっかり濃さを調整するのがおいしく飲み続けるコツになりますね。

炭が入っていると味が気になる人もいますが、基本的に炭は無味無臭です。だから、味の邪魔はしませんから安心して飲むことができますね。

そして、肝心の味ですが、飲みやすさの秘訣はダーククレンズのホームページにありました。合成甘味料不使用なのが理由になっていそうです。合成甘味料だと味が少し変な感じがどうしてもあるので違和感を覚える人は多いです。

その点、ダーククレンズはオーガニックで植物由来の甘味料を使うことで自然な甘さなので飲みやすいんですね。

 

▼ダーククレンズ(DARK CLEANSE)の購入はコチラ▼
DARK CLEANSE(ダーククレンズ)

【マジで?】4種類の炭を配合

ダーククレンズの特徴に炭を4種類も配合している点が挙げられます。それのどこが特徴なのか疑問に持つ人もいるかもしれません。実は炭は一種類ではなく元の材質によってそれぞれ異なった性質を持っています。

炭の特徴は穴が多い(多孔質)ことでその穴に老廃物をくっつけることが炭ジュースがセレブに愛用される大きな理由の一つになります。

この穴の数は木炭と竹炭では竹炭の方が断然多いことが知られていますし、木でもそれぞれ特徴が違います。

 

ダーククレンズに配合した炭の特徴
【赤松炭】長野県伊那地方にだけ何百年も前から生育しているのが赤松で、油分の吸着力が高いことが特徴です。
【ヤシ殻活性炭】ココナッツの殻を炭にしたヤシ殻活性炭は着色料などの吸着力が高いことが知られています。
【竹炭】木よりも穴の数が多いことで知られる竹炭は消臭力が高い特徴があり汚れやニオイ物質の吸着に期待ができます。
【紀州産備長炭】炭の代名詞とも言えるのが備長炭で、特に品質の高さで名高い紀州産の備長炭を採用しています。備長炭も竹炭と同様、ニオイ物質の吸着に優れます。

 

正直、チャコールドリンクにここまでたくさんの炭が入っているのを見たことがありません。期待を持てる配合になっていますね。

ダーククレンズ(DARK CLEANSE)の購入はコチラから

 

飲みやすさにもこだわり

ダーククレンズは見ての通り真っ黒なドリンクになっています。色の正体はもちろん竹炭で合成着色料は一切使っていません。チャコールドリンクなんだから当たり前でしょって思う人も多いかもしれませんが、これって結構すごいことなんです。

炭は水に溶けにくいので、水に入れてかき混ぜてもすぐに沈殿するか浮いてしまいます。沈殿があっても飲んでしまえば同じことですが、それではパウダーの食感が残ってしまいます。

そこでダーククレンズは独自の製法で炭を沈殿させないようにすることに成功しています。下の写真にもあるように1時間たっても沈殿した様子が見られないほどです。

 

 

だから、口コミにもあったような炭酸で割ったりヨーグルトにかけても炭の食感が残らず飲みやすく食べやすいチャコールドリンクに仕上がっています。

炭のちょっとしたジャリジャリとした感覚ですが、一度気になると敬遠しがちです。きちんとドリンクに溶け込んでいたら気にせず飲むことができるのでいいですよね。

ダーククレンズ(DARK CLEANSE)の購入はコチラから

 

ダーククレンズは「炭」だけじゃない!

ダーククレンズはチャコールドリンクなので炭だけ入っているドリンクというイメージを持たれている人もいるかもしれません。せっかく健康のため、毎日飲むドリンクですからそれだけじゃもったいない!

原材料を見てもらえば分かりますが、ダーククレンズには様々なサポート成分も配合されています。

 

ダーククレンズの成分
はちみつ、ザクロ果汁、ブルーベリー果汁、ガラクトオリゴ糖液糖、イソマルトオリゴ糖液糖、植物発酵物、乳酸菌粉末(殺菌)、果汁エキス混合末(デキストリン、ブルーベリー果汁、ブラックカーラント果汁、レッドラズベリー果汁、アロニア果汁、リンゴンベリー果汁、アサイーエキス)、カラハリスイカ果汁、薔薇シロップ、炭混合末(赤松炭、ヤシ殻活性炭、ラフィノース、イヌリン)、金時ショウガエキス、酒粕発酵物、クコの実抽出物、マカ抽出物、花粉荷抽出物、焦がしはちみつ、モリンガ葉末、ユーカリエキス末、タンポポエキス末、マキベリー果汁、ココナッツオイル粉末、ガルシニア抽出物、ウチワサボテン果汁末、黒大豆種皮抽出物、ヒハツ抽出物、アカシア食物繊維、黒ショウガ抽出物/酸味料、安定剤(増粘多糖類)、植物炭末色素、甘味料(ステビア)、保存料(安息香酸Na)、香料、乳化剤、スピルリナ色素、木炭、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、(一部に卵・乳成分・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・大豆・バナナ・やまいも・りんごを含む)

 

中でも注目の成分をいくつかご紹介したいと思います。

ダーククレンズ(DARK CLEANSE)の購入はコチラから

 

食生活が気になる人にピッタリ食事サポート成分

ダーククレンズには普段の食事が乱れがちな人や毎日仕事や家事に忙しく生活が不規則になりがちな人にピッタリな植物由来の成分を配合しています。

 

ガルシニアカンボジア

ガルシニアはまだ日本ではなじみのない成分かもしれませんが、サプリメント先進国のアメリカではすでに定番となっていてインドや東南アジアでは、昔からスパイスとして利用されてきました。

また、アーユルヴェーダでも使われてきたという歴史もあり最近の研究ではハイドロキシクエン酸(HAC)が豊富に含まれるということが分かっています。

 

タンポポ

タンポポには食物繊維の一種で最近話題になっているイヌリンが豊富に含まれています。道端でよくみかける植物ですが、実はあなどれないんです。

お茶やハーブティーにも使われてるようになっていて、妊娠中の方にもぴったりの成分です。

 

ユーカグラジン

ユーカグラジンはユーカリ葉から抽出されたポリフェノールがメインとなる成分です。ユーカリは元々清涼感のある香りからアロマテラピーや香料に使われてきました。

実はその葉もハーブティーとして使われてきて、近年になってユーカリと果糖の関係に着目し研究がすすめられてきた過程でできた成分がユーカグラジンです。

ダーククレンズ(DARK CLEANSE)の購入はコチラから

 

乳酸菌で中からキレイ

ダーククレンズには健康素材として定番の乳酸菌も配合されています。実は乳酸菌は一種類の菌を指す言葉ではなく様々な種類の乳酸菌があります。そんな数ある乳酸菌の中でもとても小さな乳酸菌である「ナノ型乳酸菌」を2種類配合しています。

 

植物性ナノ型乳酸菌SNK・・・長野県の木曽地方に古くから伝わるお漬物「すんき漬け」から発見された乳酸菌。すんき漬けはさかんに研究されるようになっており、今大注目の乳酸菌です。
ナノ型乳酸菌nEF・・・ヒト由来の乳酸菌であるエンテロコッカス・フェカリスを1μm以下まで小さくした乳酸菌です。

 

ナノサイズの乳酸菌を配合する大きなメリットは2つあり、1つは単純に小さいのたくさんの数の乳酸菌を配合できることです。ダーククレンズ1本(710ml)にこれらのナノ型乳酸菌がおよそ2兆個も入っています。

また、小さくすることで体内への吸収効率も高まるので善玉菌としての活躍が期待できます。

 

善玉菌のサポート体制もバッチリ

腸内のバランスを整えるのには善玉菌がカギを握ります。そこでダーククレンズには善玉菌を応援する成分も配合されています。それが「酒粕発酵物」と「オリゴ糖」です。

酒粕発酵物は難消化性タンパク質が豊富で別名飲む美容液とも呼ばれるほどです。また、オリゴ糖は2種類(イソマルトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖)配合されていて、ビフィズス菌のエサになることで善玉菌をサポートしてくれます。

ダーククレンズ(DARK CLEANSE)の購入はコチラから

 

植物由来の成分が理想のカラダづくりを応援

女性の健康にめぐりは欠かせません。そこでダーククレンズにはめぐりをサポートする成分も入っています。めぐり成分でおなじみのショウガ(金時ショウガ)や黒ショウガ(黒ウコン)、最近話題の成分「ヒハツ」など6種類の植物由来成分を配合しています。

また、女性に不足しがちなビタミンB群「ビタミンB1、B2、B6、葉酸」もきちんと配合してあります。

 

さらにはスーパーフードまで配合

ここまで紹介した成分だけでも十分なのにダーククレンズには栄養たっぷりなスーパーフードまで配合しています。

代表的なものだと現地では「奇跡の木」という別名を持つモリンガ。20種類のアミノ酸を含み、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも豊富です。そして、アミノ酸バランスがばつぐんでタンパク質も豊富なスピルリナ

他にも100種類以上の栄養素を含み既に海外では定番のスーパーフードになっているビーポーレン。アンデスの女王の別名を持ち、スタミナ源としても有名なマカ。実はアミノ酸も豊富で美容へのサポートも期待できます。

これだけの成分がギュッと1本に入っているのがダーククレンズということです。1回30mlでいいから毎日続けやすいのもいいですよね。

 

▼ダーククレンズ(DARK CLEANSE)の購入はコチラ▼
DARK CLEANSE(ダーククレンズ)

-健康グッズ