アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

食べ物

コトハスティーはハーブティーなのに飲むと副作用?

2018/04/21

コトハスティーは「おいしいデトックスティー」を目指して作られたデトックスハーブティーなのであくまでも食品です。なのに巷では副作用がでるということが広まっているようです。

デトックスティーということは便通がよくなるので下痢になることを副作用と言っているのかもしれません。でもはっきりしたところが分からないので詳しく調べてみました。

 

コトハスティーの副作用を口コミでチェックしてみた

コトハスティーに副作用があるかどうかは実際に飲んでいる人の評判が一番だと思い、購入者の口コミ情報を調べてみました。


おいしいし、飲みやすいです


飲んでから1時間もしない内にトイレに行きたくなりました。睡眠中に飛び起きることもあるぐらいです。


私には十分すぎるくらい結果がでて、普段は便秘気味だったのに1日に何回もトイレに行くほどでした。

多かった口コミが「ベルガモット入りでアールグレイみたいで飲みやすい」ことと、「トイレに行く回数が増えた」ことです。

コトハスティーを飲んでも便が出なかったという口コミはありました(個人差があるのでそれは仕方のないことですね)が、副作用がでるといった口コミは見つけられませんでした。

コトハスティーの購入はコチラ

 

コトハスティーの副作用を原材料から考える

口コミからはコトハスティーには副作用が無さそうだということが分かりましたが、副作用が出た人が口コミに出していない可能性もあります。

そこでコトハスティーの原材料から副作用の可能性を考えてみました。

公式サイトによるとコトハスティーの原材料は次の通りです。

カッシアアラタ、ベルガモット紅茶、ケニア紅茶、スリランカ緑茶、ギムネマ、ハニーブッシュ、サラシアオブロンガ、タベブイヤ、桑の葉、香料、キトサン末

何やら呪文のような原材料名が並んでいますが、一つ一つ見ていきたいと思います。

「カッシアアラタ」はゴールデンキャンドルやキャンドルブッシュと言われる植物ではカッシア・アラタは学名です。カッシア・アラタにはセンノシドという成分が含まれ便秘対策に使われることがあるようです。

「ベルガモット紅茶」、「ケニア紅茶」、「スリランカ緑茶」は茶葉なので説明は置いておきますし、「香料」は詳しく書いていなかったのでこれも保留しておきます。

「ギムネマ」はギムネマ茶をドラッグストアなどで見かけますが、インド原産の植物です。お茶以外にもサプリメントなどにも配合されていることがありますが、糖分の吸収を抑える働きがあると言われています。

「ハニーブッシュ」は南アフリカが原産地のノンカフェインの植物でイソブラボンやフラボン、桂皮酸、クーメスタン、キサントンなどのポリフェノールを豊富に含むことが知られています。

「サラシアオブロンガ」は、インドで採れるハーブの一種でその根からはサラシノールが含まれています。サラシノールは、食事などから摂った糖分が分解され血液に吸収されるのを抑える働きがあると言われています。

「タベブイヤ」は南米アマゾンで採れる樹木のことで、タヒボといもいいます。そちらの名前の方が聞いたことがあるかもしれません。※タブベイヤはタヒボの学名みたいです。

タブベイヤには鉄やビタミンB6、B12、葉酸、カルシウムなどが豊富に含まれていることが知られています。

「桑の葉」は古くから蚕のエサとして栽培されていましたが、同時に漢方の材料としても使われてきました。ビタミンA・C・Eや亜鉛、鉄、マグネシウムなどのミネラルも含まれており、食物繊維はケールの数倍あると言われています。

「キトサン末」は、健康食品にもよく使われていて、コレステロールが高めの人向けの特定保健用食品(トクホ)で見かけることがあります。

どうやらコトハスティーの原材料を詳しくみるとデトックスによさそうな成分が入っていることがよく分かります。

コトハスティーの購入はコチラ

 

副作用に関係しそうな原材料はコレかな?

デトックス成分が多いコトハスティーの原材料でトップに書いてあるのが「カッシアアラタ」です。(食品の場合、基本的に原材料名は中に入っている重量の多いものから順番になっています)

先ほども書いたカッシアアラタの成分であるセンノシドが便秘対策になるようですが、これが入っていることで効きすぎるという声が寄せられるほどになっています。

コトハスティーを濃くしてしまうと、成分もお茶の中に多く含まれることになりますから、効きすぎるようなことが起きる場合があります。使い方を守り、自分に合った濃さで飲み続けることが大事です。

公式サイトにも書いてありましたが、コトハスティーはあくまでも「便秘解消のお茶」になるので美味しいからと言って、普段は便通がいい人が飲むと下痢という副作用を招くと感じるのかもしれませんね。

コトハスティーの購入はコチラ

 

コトハスティーは楽天市場で買えるの?

コトハスティーを買おうと思ったら、すぐに思いつきのがショッピングサイトです。楽天市場で買おうと思っている人も多いみたいですが、楽天市場で検索してもヒットしません。

ちなみにオンラインショッピングのトップであるAmazonでも「コトハスティー」を検索しましたがヒットしなかったこともつけくわえておきます。

でも、しつこく検索を続けていくと楽天市場のこんなページが表示されました。

楽天市場のコトハスティーの販売ページです。「ひょっとして、詐欺ページ?」と最初疑ってみましたが、よく見ると楽天市場内のページでした。

楽天市場で買えるんだったら、楽天スーパーポイントもつくしお得だなと思って商品ページの詳細を確認するため、クリックしたらこんな結果です。

商品が3つ表示されていますが、3つとも同じ結果で「ページが表示できません」と表示されます。ということは商品がないことになります。

推測ですが、以前はコトハスティーを楽天市場で販売していたけど、今は販売するのを止めたということなのかもしれません。

コトハスティーの購入はコチラ

 

楽天がダメならコトハスティーをどこで買えばいいんだ

コトハスティーを楽天市場で購入していた人は結構いたと思いますが、少なくともこの記事を書いている時点では購入することができません。

じゃあ、コトハスティーはどこで買ったらいいんだと思うかもしれませんが、公式サイトで購入することができます。

コトハスティーは50日毎に新しいものを送ってくれる定期コースもありますが、基本的には単品を買う人が多いと思います。でも、ひと箱に30包入って4,980円です。

1包166円なのでちょっと高いですね。12包入りのライトパックもありますが、それでも2,680円(1包あたり約223円)になります。

口コミにもありましたが、1回目はすぐにトイレに行ったけど、2回目はうんともすんともしなかったという人もいます。いくらデトックスティーとは言え100人が100人とも結果が出るわけではありません。

でも、公式サイトにはコトハスティーが4包(2包×2袋)入ったサンプルセットがワンコイン500円(税込・送料込)で購入できるのでまずはそれを試してみるといいかもしれませんね。

サンプルセットにはコトハスティーの作り方の説明や解説などが書いてあるミニブックもついて参考にもなると思います。

 

【追記】
コトハスティーのキャンペーンが終了してしまたので、同じようなダイエット茶がないかなと探してみました。

コトハスティーに多く含まれるカッシアアラタ(キャンドルブッシュ・ゴールデンキャンドル)を始めとした21種類のハーブが入った「デルバラスリムビューティ」が見つかりました。

5日分(5包)入ったデルバラスリムビューティ初回限定お試しパックが540円(消費税込み・送料無料)であるのでお試ししやすくいいかもと思いました。

ただし、デルバラスリムビューティ初回限定お試しパックは1日先着300名限定なので気になる方はお早目に注文してください。

 

▼デルバラスリムビューティの購入はコチラ▼


-食べ物