アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ペット用

カンファペットが危険だと言われるのは成分のせい?でも口コミはいい感じ

ペットショップの前を通ると臭いがキツイ時がよくあります。子犬子猫が何匹もいるわけですから、そのニオイが集まるとかなりのことになるのは当然です。

と言うことはそのペットを家で飼っていると、ペットショップほどじゃないまでもニオイの問題はついてまわります。いくらきれいにしているつもりでも、どこかからか臭ってくるものですよね。

後、ペットが住んでいる家で毎日寝起きしているとニオイにも慣れてしまいますが、数日家を空けて戻ってみたり、知り合いを家に招いた時にニオイに「ウッ」となってしまいます。

そのため、ペット用の消臭剤がたくさん販売されていますが、中でもニオイの成分を瞬間的に消臭してくれる「カンファペット」は評判がいいのですが、危険だという噂もあります。

そこでその理由について調べてみました。

 

カンファペットが危険だと言われるのは次亜塩素酸ナトリウムのせい?

カンファペットには成分として「次亜塩素酸ナトリウム」が使われています。

次亜塩素酸ナトリウムには漂白作用や殺菌作用があることが知られていて、水道水にも消毒のために微量の次亜塩素酸ナトリウムが混ざっています

しかし魚を家で飼っている場合、次亜塩素酸ナトリウムが入っていると悪影響があるため、次亜塩素酸を除去する必要があると言われています。

そのあたりからカンファペットがペットに危険なんじゃないかと考えられていると思います。

また、次亜塩素酸ナトリウムは家庭用の掃除用品にも使われていて、小学校でも掃除に使っていた記憶があります。その容器には大抵「まぜるな危険」の注意書きがあることから体によくないイメージもあると思います。

しかし、次亜塩素酸ナトリウム自体は適正な量であれば安全なことはすでに分かっているため、厚生労働省の食品添加物としても認められています。

口に入っても安全なことから食品添加物にも指定されているわけですから、カンファペットも十分に安全だと思いますね。

 

▼ペット消臭・除菌スプレー「カンファペット」の購入はコチラ▼

 

カンファペットの成分はたったの3種類

カンファペットの主成分は次亜塩素酸ナトリウムですが、それ以外に含まれる成分はたったの3種類です。しかも、その内の1種類は不純物を取り除いてある「純水」です。

そして、もう1種類の成分はカンファペットの調整を行うために入っている「酸性剤」になります。具体的な酸性剤の内容までは分かりませんでしたが、メーカーの説明では次亜塩素酸ナトリウムと同じく食品添加物として認められている成分を使っているとのことです。

わずか3種類しか入っていない上にその内の1種類は水なのですから、変にたくさんの成分や原材料、添加物が入っている消臭剤よりもカンファペットの方がよっぽど安心できますし、安全なのではないかなと感じますね。

「カンファペット」の購入はコチラから

 

口コミでもメチャメチャ感謝されてますね

成分が少ないのは分かったところで、肝心なところも調べておきたいと思います。それが、消臭できるのかどうかです。たった3種類しか入っていないのにペットの消臭に使えるのかどうかはとても興味のあるところだと思います。

そこで、カンファペットの口コミ情報をご紹介したいと思います。実際に購入した人の感想である口コミは使ってみないと分からないことや参考になる情報もあると思うのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

うちのワンコはよくゲボを吐くのですが、有名な塩素系の消臭スプレーをふってもどうしてもニオイが取れず悩んでいた所、たまたまネットでカンファペットを知り、有名メーカー会社の方々も使用されている点が信用できるなあと思い、さっそく注文して試してみました。

不思議なくらい、ニオイが消えます。ということで迷いなく定期購入することにしました。

わざわざおみせに買いに行かなくても勝手に届くので楽チンですよね。何よりも効果がすばらしいです。

嫌な臭いもなく快適。これからもよろしくお願いします。もちろん、ワンコのトイレ臭にもバッチリ効いています。ありがとうございます


 

10年以上前からフェレットを飼っています。犬や猫とは違って独特なにおいがあります。とてもかわいくて癒されるペットなのですが、ニオイには悩まされました。

窓を開け換気をしっかりする小尾の掃除、トイレ、お風呂など。しかしニオイはすぐに戻り、特に雨の日などは家に帰った瞬間誰もが「くさ~」とさけぶぐらいでした。

カンファペットを見た時、動物にも安心と言うことで買ってみました。届いた日にすぐスプレーしてみました。ニオイは消えました。

すごくうれしかったです。帰って来た家族からも「くさ~」となかったので聞いてみると、ニオイがないとのことでした。

こんなすばらしい物にもっと早く出会っていたらと。これからも使い続けたいと思います。


 

まだ子ネコで腸内環境を崩しやすいせいかよく軟便や下痢になります。その時の便はいつもより臭いがきつく感じられ、市販の消臭剤を使っていましたが、消臭剤そのもののにおいがニガテで困っていました。

ある記事でカンファペットのことを知り、無臭で消臭力もあり、なめても安心。除菌もできるということでしたの、早速購入し、試してみました。

口コミどおりの消臭力です。香りでごまかさずしっかり消臭してくれました。便後のトイレだけでなく便をゴミの日まで保管しておくゴミ箱にもよく効きました。

また衣類についたにおいにもひと吹きしています。暑い季節、においがよりきつく感じられるので今大変重宝しています。


 

しっぽに皮脂詰まりがあり、カンファペットをつけてウェットティッシュでふきとった所、皮脂がとれ、毛がフサフサするようになりました。

また、耳そうじもあまり好きなタイプではなかったのですが、カンファペットを使った耳そうじでは、嫌がらずに受け入れてくれました。刺激が少ないのがよかったのかもしれません。

またケージのそうじでもカンファペットを使うようになりました。ウチのフェレットはうっかりなめることがあり、そういった面で安心できるためです。

 

口コミでも多くの人がペットのニオイ問題から解放されているようです。香りでごまかさないのでより本物なんじゃないかと思いますね。

フェレットのニオイ対策に使っている人の口コミがありましたが、最近ではペットとして飼う動物の範囲も広がっています。犬や猫はもちろん、それ以外にもフェレットやウサギ、ハムスターなどにも使えるのが特徴です。

もちろん、成分を見てもらえば分かるようにペット専用の薬剤が入っているわけではないので、ヒトに対しても使うことができますし、ペットと一緒にお家の中でも暮らしている人にとっても安心できると思います。

「カンファペット」の購入はコチラから

 

強力パワーだけどペットには安全

口コミにもあったようにペットの消臭に大活躍のカンファペットですが、普通除菌や殺菌力が強いものは人にとっても有害だったり危険なものが多いものです。

でも、カンファペットは消臭・除菌パワーがありながら、独自の配合や技術により中性で「無害」のスプレーになっています。

客観的なデータとして、食品の安全性や成分を調べる際におなじみの「財団法人 日本食品分析センター」でウサギやマウスを用いた試験を行ったところ、目の粘膜や皮ふに対して刺激が無いことがデータとして得られています。

 

日本食品分析センターでの試験結果

実験内容 結果
単回経口投与毒性試験(急性毒性試験) 異常は認められない
眼刺激性試験 刺激無し
皮膚一次刺激性試験 刺激無し
皮膚累積刺激性試験 刺激無し
感作性試験 感作性無し
コロニー形成阻害試験(細胞毒性試験) 問題ない程度
復帰突然変異試験(変異原性試験) 誘起する作用無し

 

製造に際して安全性はもちろん徹底していますし、ペットや人に対しても十分に安全だということが試験まで行うことで分かっているのは安心材料になりますよね。

「カンファペット」の購入はコチラから

 

実は身近なところで使われているカンファペットの技術

成分の少なさからこれだけで大丈夫なの?とかえって不安にさえなってしまうカンファペットの消臭殺菌パワーですが、同じ消臭除菌技術は実は多くの場所で採用されていてすでに活かされています。

野菜・果物の加工場や水産加工場、畜産業界といった食品原材料を扱う現場はもちろん、ゴミ処理施設や病院などといった衛生管理を徹底しないといけない様々な現場で使われています。

 

消臭除菌技術の導入企業

分野 導入企業名
食肉加工 伊藤ハム株式会社、株式会社北海道畜産公社、ニチロ畜産株式会社、株式会社本家比内地鶏、
県農えひめ(ミートセンター)、株式会社三田屋本店、ニッシングルメビーフ株式会社
食品・
和洋菓子製造
株式会社シャトレーゼ、株式会社山本海苔店、株式会社中村屋、株式会社錦松梅、株式会社プレシア、
フジッコフーズ株式会社、株式会社ミツカンフレシア、オタフクソース株式会社、株式会社香月堂、
米屋株式会社、株式会社カワイコーポレーション、サンタ株式会社
野菜果物・水産加工 株式会社叙々苑、日東ベスト株式会社 爽健亭事業本部、JA三重中央 ベジマルファクトリー、
三重県漁業協同組合連合会、株式会社辻野、マルトモ株式会社、株式会社ヨンキュウ
飲料製造業 アサヒビール株式会社、メルシャン株式会社、タカナシ乳業株式会社、三田飲料株式会社
給食・小売業 狭山市第二学校給食センター、東毛給食センター、京葉シティーサービス株式会社
病院・
福祉、研究機関
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院、日本赤十字社 深谷赤十字病院、福井県立病院、医療法人財団 大和会、
財団法人 太田綜合病院、社会福祉法人 クピド・フェア、雪印乳業株式会社 チーズ研究所、
国立精神・神経センター、日本大学 医学部、沖縄県畜産研究センター
畜産・牧場、
廃棄物処理場
株式会社千葉県食肉公社、岡田稲男厩舎(日本中央競馬会)、千葉北部酪農農業協同組合、
有限会社平山 平山牧場、荒川区リサイクル事業協同組合、千住・大森リサイクルセンター

 

既に500社以上の企業や団体で技術を採用しているということはそれだけの現場もきちんと結果を出しているということですよね。

中にはニオイの強いゴミ処理場(リサイクルセンター)や常に衛生的な環境を求められる医療・福祉の施設も含まれています。もちろん、上の一覧はごく一部でしかありません。

すでにレストランや美容室、スポーツ用品店の室内環境をきれいにするためたペットショップや動物病院の消臭消毒に採用されている実績もあるようですよ。

 

▼ペット消臭・除菌スプレー「カンファペット」の購入はコチラ▼

-ペット用