アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ビジネス

キャスタービズがあれば一人起業でもメインの業務に集中できる

日本では一年間に10万社以上が起業すると言われています。既存の企業が業務拡張のため、新たに会社を立ち上げるケースや節税のため、株式会社を作ることもありますが、それでも毎年多くの新しい会社が誕生しています。

起業時にいきなり多くの人数を雇用できる会社は限られていますから、その多くが一人もしくは数人で会社(個人事業の場合もありますね)を始めることになります。そういった時に忘れがちになること知っていますか?

 

置き去りになる実務

これまで何人もの起業者を見てきました。その多くが今まで勤めていた会社のやり方に不満を持っていたり、社会のあり方に不満を持っていて、それを改善していくために会社を興すといった流れでした。

まあ、かっこよく書いた感じですが、最終的に起業に踏み込むためには人それぞれきっかけがあると思いますし、それが何だったのかまでは分かりません。

いずれにしても今まで温めていたサービスを展開したい、このアイディアを商品化したい、この商品で儲けたいなど様々な野望はありますが、いすれにしても一応「こうしたい」という漠然としながらも事業プランを持っています。

でも、今まで会社の中で事業の一部分だけを行ってきたわけですから、全体的に把握できていない人が多いのが印象です。その証拠に抜けている部分が多々あります。

一番多く感じたのは「経理」です。基本的に会社の中で経理部門に所属していない限り関わることのない業務ですから意識の中から飛んで行って当然です。でも、実は事業計画や確定申告の際に数字はとても重要です。

他にも抜けていると感じる部分はありますが、それが悪いと言っているわけではありません。自分でできないなら誰かに頼めばいいわけです。でも、起業当初は誰かを雇う余裕がない人も多いかもしれません。

そこで役に立つのがネット経由で細かい業務をアシスタントしてくれるオンラインアシスタントサービス「キャスタービズ」です。

キャスタービズ(CASTER BIZ)へのお問い合わせはコチラから

 

キャスタービズってどこまでやってくれるの?

オンラインアシスタントサービスと聞くと似たようなサービスで電話秘書がありますが、この2つは何が違うのかなと思うのではないでしょうか。一番の違いは対応してくれる内容が全く違う点にあります。

電話秘書の場合、基本的にやってくれるのは着信した電話を取り次いでくれることです。かかってきた電話の内容を取りまとめて連絡してくれるわけですね。

でも、キャスタービズが行っているオンラインアシスタントサービスはもっと広範囲にわたります。主なサービス内容だけでも秘書や経理、WEBサイト運用などがあります。

例えば、まず思い浮かぶのが「秘書」業務かもしれません。受信したメールをあなたの代わりに返信してくれたり、スケジュールの変更などの細かい作業を行ってくれます。

他にも「経理」業務もしてくれます。毎日発生する売り上げや支払いの記帳や毎月作成しないといけない請求書も忙しいあなたの代わりに作ってくれます。

会社のWEBサイトは一度つくるとほったらかしにしがちですが、作業自体は細かくてもなかなか手を出しにくい情報更新などを代行してくれます。

まだまだ他にも代行してくれる業務がありますが、これだけやってくれればまさにアシスタントというにふさわしいですね。

キャスタービズ(CASTER BIZ)へのお問い合わせはコチラから

 

質も高いから安心できる

キャスタービズの特徴にオンラインアシスタントの業務を行ってくれる方の質があります。実は選考に際して採用倍率が1/100という狭き門を通った人のみ実際の業務を担当してくれます。

確かに採用を通ったからといってイコール優秀かというと必ずしもそうではないかもしれませんが、採用試験で出される課題や面接をパスしているわけですから、倍率も併せて考えると信頼できると考えられます。

この担当してくれる社員の質は結構重要です。電話秘書ではありますが、質に関して体験があるからです。以前、勤めていた会社では業務が忙しいため、電話の受付に電話秘書を利用していました。

当時は基本的に入電した電話の内容はまとめて1日に3回メールで送られてきて、急ぎの時のみ電話がかかってくるシステムだったと記憶しています。

詳しくは分かりませんが、トラブルがよく発生していました。お問い合わせの電話があったお客さんに連絡すると受付の人の対応が悪かったとよく怒られていました。

受付と言うと内部の人間にしたら電話秘書ですが、お客様からしたら問い合わせをしている会社の人と思いますから、イメージダウンになりますし、要らぬクレームをかかえることになってしまいます。

実はその人は他の担当している会社の秘書業務でも問題になっていたらしく、最終的には辞めさせられて、その電話秘書の会社では再度研修を徹底した言われていた記憶があります。

電話の受付と言うと軽く考えがちですが、お客様が問い合わせをする際に最初に接触する会社の人間になるわけですから、まさに「会社の顔」です。会社の顔の質は第一印象に大きく左右しますから、1/100の採用倍率になるほど選抜してくれていますから、それは信頼できると感じますね。

キャスタービズ(CASTER BIZ)へのお問い合わせはコチラから

 

キャスタービズのメリットは集中できること【口コミから分かること】

起業すると気づくことがあると思います。当初、思い浮かべていたイメージ(内容は人それぞれだと思います)とかけ離れていることに。

会社は究極的に言って、創業者がしたいことを叶えるための存在ではないかと思います。だから、こうしたい。これを売りたいと言った想いがあります。

でも、請求書を発行したり、接待、経理作業など自分が考えている仕事よりも関連する細かい仕事の方が圧倒的に多いのが実情です。しかも一人で会社を始めるのであれば、それらを全部こなさないといけません。

メインの仕事が終わってから、夜遅くに実務作業をこなす日々。これでは翌日に影響を及ぼして、悪循環に陥るのは目に見えています。

起業当初、家族にそう言った業務をお願いすることができるかもしれませんが、必ずしもその家族が向いているとは限りません。無理してやっているのであれば、場合によっては険悪な間柄になってしまうこともあります。

だから、キャスタービズのようなサービスを利用するのに価値がある訳です。実務長けた人がそろっていますから、実務的な細かい業務を代行してもらうことで最大のメリットが生まれます。それが「自分が一番したい仕事に集中できること」です。

キャスタービズのサービスを実際に利用している個人や会社の口コミをチェックしてみると、キャスタービズのおかげで今本当に自分がしないといけない業務に集中できると評価されていました。

自分がやれば確かにコストはかかりませんが、その分負担も増していますからうまく依頼することで効率的に創業当初の会社運営を乗り切っていきたいですね。

キャスタービズ(CASTER BIZ)へのお問い合わせはコチラから

創業初期を乗り切るために【キャスタービスの料金】

日本では起業して1年で約4割が廃業、2年で半分、10年後まで会社が残っているのは1割程度しかないとよく言われたりします。細かい数字は調査によって異なりますが、要は会社は作ってから1、2年でかなりの数がつぶれるよということになります。

それを裏付けるようによく新聞やテレビで破産や倒産のニュースが流れます。そして、あんなにすごい会社だったのに数年でこんな風になってしまうのかと暗い気持ちになってしまう方も多いのではないでしょうか。

でも、誰しもすぐに潰すためにわざわざ会社を起業するわけではないと思います。基本的には長く会社を続けたいと思います。じゃあ、なぜすぐに会社がつぶれるんだろうと考えたことはありますか?

それはいきなりお金をかけ過ぎたからじゃないかと思っています。私の周りには零細企業が何社がありますが、そのどれもが細々と会社を続けています。話を聞いているとどの会社も元々お金がないから大きな出費をしていないことが共通しています。

会社が倒産する原因は様々あると思いますが、ひとつには売上を見込んで大きく経費をかけることもあります。それだけに会社が軌道に乗るまでは財布のヒモをきっちりしめることが大切です。

でも、仕事自体はしていかないといけません。そこで頼りになるのがキャスタービズではないかと思います。そこでキャスタービスの料金表をご紹介したいと思います。

 

キャスタービスの料金表

プラン名 3ヶ月プラン 6ヶ月プラン 12ヶ月プラン
契約期間 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
ひと月あたりの料金 120,000円 108,000円 96,000円

 

料金だけを考えたら、高いと感じる人もいるかもしれません。でも、キャスタービズで代行してくれる業務と同じ内容をしてもらうために人を雇ったら、フルタイム勤務が必要になりますから、1人で足りないかもしれません。

場合によっては2人分の人件費ですから、社会保険料や労働保険(忘れがちな経費です)のことも加味すると毎月それ以上の何十万円も経費がかかってしまいます。

料金と代行してくれる業務内容を比較してみたら、なかなかお得かもしれません。

 

▼キャスタービズ(CASTER BIZ)へのお問い合わせはコチラ▼


-ビジネス