アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

Care-wing 介護の翼の口コミでも評判だけど不安もあるよね?

訪問介護や訪問看護事業には書類の作成がつきものです。請求ソフトの利用が伴う福祉業界全体で言えることなのだと思いますが、各種の記録をつけることが必要なため、書類の山ができている事業所はたくさんあります。

そして、どこにどの書類があるのか分からなかったりとうまく書類の整頓できないと作業効率は著しく低くなります。それは職員の日々の業務にしわ寄せがいくことになってしまいます。

そんな業務の効率化を支援してくれるサービススが「ケアウイング(Care-wing)介護の翼」です。

 

ケアウイング 介護の翼の口コミ・評判

ケアウイング 介護の翼は介護施設に導入するシステムですが、評判を確認するには施設側(運営者)の口コミも参考になりますが、実際に運用するのは現場のヘルパーさん達になります。ですから現場の口コミも必要です。

そこで運営者側と現場の口コミ情報を集めてみたのでご紹介したいと思います。

 

 

施設側の口コミ①
訪問看護と訪問介護サービスをするにあたり、情報の共有ができるシステムが必要だと思い、Care-wingを導入しました。

導入することで、訪問先でのケア内容やバイタル、記録を入力できるようになり、ステーションに戻ってから、紙ベースの記録をPCに入力するという事務処理が減りました。

その分、稼働効率も高まり、事業を拡大することができました。


 

施設側の口コミ②
当福祉会では、複数の介護サービスを行っており、訪問介護サービスでは、ホームヘルパーが1日に何軒もの利用者様宅に訪問し、最適な介護を提供できるよう努めています。

さらに、サービスの向上と、業務の効率化を図るためにIT化を進めたいと考え、ICカードを使って、サービス状況をリアルタイムに把握できるCare-wingを導入しました。


 

現場側の口コミ①
ケアウイングの導入後、事務作業や事務連絡に取られていた時間が少なくなりました。

みんなの時間に余裕ができたことで、利用者さんや介護内容についてスタッフ同士の会話が増え、事業所の雰囲気がすごく良くなったと感じています。


 

現場の口コミ②
スマホの導入に最初は不安がありましたが操作が簡単ですぐに慣れました。

FAXや電話のやりとりもなく次の日の予定もスマホで確認できるのが便利です!

記録時間も大幅に減り余裕を持って介護ができるようになりました。

 

IT化を導入するとスマホなどの端末操作が必要になりますから、現場でいかに利用できるかが気になって来るところですよね。実際に現場で使うヘルパーさんも操作にすぐ慣れると評判です。

作業効率がかなりよくなるのでメインの仕事である介護にも余裕が持てるのはサービスの質が向上することにつながりますね、

また、導入する施設にしても現場の効率が上がると業務も円滑に回りますし、新たな事業を行う余裕も生まれますね。

 

▼ケアウイング(Care-wing) 介護の翼の資料請求はコチラ▼


スマホやタブレット操作は不安ですか?

ケアウイング 介護の翼はスマホやタブレットを使って介護記録を行います。そうなるとスマホの操作が必須になってきますが、実際に使う職員がきちんと運用できるかどうかが気になるところだと思います。

でも、そんな不安が要らないぐらいに簡単に扱えるシステムになっていて既に1,000以上の事業所で導入されています。つまり十分に職員さんが扱えていることの証明にもなりますし、中には83歳という現役のヘルパーさんが使えているぐらいなので安心できます。

なぜなら介護記録には文字を入れる必要がないからです。サービスにログインをしたら、低例文を入力するか音声入力で記録ができてしまいます。フリック操作をする必要がありませんから細かい操作も不要です。

しかも、データ自体はネット上で保存されるクラウドサービスになっていますから記録したデータはスマホやタブレットに残りませんし、データを転送する際も暗号化されるのでセキュリティもしっかりしています。

日経ヘルスケア(2017年10月号)や介護ビジョン(2017年2月号)などの各種メディアにも登場するなど実績も十分なのも信頼ポイントがアップする理由ですね。

ケアウイング(Care-wing) 介護の翼の資料請求はコチラから

 

介護現場の困りごとをまるっと解決

多くの事業所でパソコンや請求ソフトを使って作業を行っていると思いますが、介護記録は紙ベースでされていることは多く、特に毎月初めにくる請求業務の際には照らし合わせに手間がかかります。

また、日々の介護記録の転載も入力に慣れていないとなかなか作業が進みません。

そして、多くのお宅を訪問する介護事業の場合、現場のシフトの管理や訪問する日時の把握に頭を悩ませることも度々発生します。

でも、これってどれも必要なことではありますが、事業の主たる目的である「介護」から考えると余分な作業と言えなくもありません。これらの作業が肝心の「介護」へのしわ寄せや残業を引き起こしてしまっていたら本末転倒とも言えます。

そんな日々の細かい管理業務をサポートしてくれるのが「ケアウイング 介護の翼」です。

ケアウイング(Care-wing) 介護の翼の資料請求はコチラから

 

ケアウイング 介護の翼でできること

ケアウイング 介護の翼は導入することで事業所のペーパーレス化を進めることができるサービスです。

例えば、介護記録については専用のスマホアプリで記録をすることができますから紙に記録する必要がなくなりますし、実績確認の印鑑も介護に伺うお宅に設置するICタグ(シール状)にスマホかざすことで実績記録に印鑑をする必要がなくなります

しかもこれらの操作はネット上で管理され、普段使っている請求ソフトとの連携をすることが可能ですから、帳簿の照らし合わせも要りません。

これだけでもかなりのペーパーレス化を推進することが可能です。1枚1枚は大したことなくても毎日積み重なると紙代もばかになりませんし、何より置き場所に困りますよね。

しかも、紙の印刷代というコストが減らせることも見逃せない経費削減のチャンスですね。

ケアウイング(Care-wing) 介護の翼の資料請求はコチラから

 

スマホとICタグの連携がサービスのキモ

ケアウイング 介護の翼が便利なのはスマホを活用している点にあると言えます。

細かい操作は別としてもすでに若者だけでなく70代や80代といった幅広い世代の人がスマホを持っている時代ですから、スマホを持って業務を行うこと自体に抵抗は減っているのではないでしょか。

その点、比較的現場に導入しやすいというメリットがありますね。肝心の操作についても既にご紹介したように80代のヘルパーさんでも操作できるぐらいにまで簡単な操作方法を徹底してありますから、心配は不要です。

また、データがネット上で管理可能なクラウドになっている点もポイントです。

現場のヘルパーさんのスマホで操作した内容がすぐに事業所のソフトにも反映されますし、シフト管理も同じシステムで管理可能なので現在の訪問状況をリアスタイムで事業所側でチェックすることができます。

この連携のカギを握っているもうひとつがICタグです。介護サービスを利用するお宅に貼っておくICタグにスマホをかざすことで瞬時に訪問したかどうかが分かるようになっていますし、利用者さんの確認印をもらう手間を省けるメリットにもなっています。

今後ますます少子高齢化が進んでいくと考えられていく中、介護事業自体は有望な事業であるとともに介護を行うなり手不足が課題になってくることは容易に予測できることです。

その解決策の一つが作業を効率化して少人数で回していくことです。そのために力強いサポートになるのが「ケアウイング 介護の翼」ですね。

 

▼ケアウイング(Care-wing) 介護の翼の資料請求はコチラ▼


-サービス