アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ビジネス

Braight Vintageの無料バスツアーは投資物件を内覧できるのが魅力

投資に関心を持つ人が増えてきています。老後に2,000万円が足りなくなるという発言を政府が取り消してもヒトの頭には残っていますから不安にもなりますし、お金はやっぱりあった方がいいと思う人は多いです。

でも、何か副業をするのは定年を過ぎてからは体力も続かないし、新しいことを一から憶える元気もないですよね。だから投資をしようと考える人は多いですし、中でも不動産投資は
常に一定の人気を集める投資方法です。

とは言え、不動産投資は知識も必要だし、投資物件を探すにしてもどこをチェックしていいのかよく分からない人も多いと思います。そんな人におススメなのが「Braight Vintage」のバスツアーです。

実際の物件をバスで見て回って、物件選びのポイントなど本では理解しづらいことも教えてもらえますから不動産投資の知識を深めるいい機会になると思います。

 

バスツアー参加者の口コミ・評判

Braight Vintageのバスツアーは2時間程度の内容になっています。実際のマンション物件を見ることができるわけですから、人によっては短いと感じるかもしれません。

そこで参考になるのは実際に参加した人の口コミ情報です。公式サイトから引用しましたのでご覧ください。

 

 

バスで移動しながらのセミナーでしたので退屈することなく楽しめました。

また実際に物件をみることで、周辺環境や生活環境まで確認できるので、購入後に本当に入居者がつくのかどうか、納得して物件を決められそうです。

また強引な営業が一切なかったのも個人的にはうれしかったです。


 

マンション投資には前から興味があったんですけど、何を重視して購入すればいいのかわかりませんでした。

そんなときにこの物件見学ツアーがあるということを知ったので、迷わず参加しました。

実物を見ながら説明をしていただけて、ネットで見るだけではわからない細かなポイントまで確認することができ、すごく参考になりました。

 

実際の物件を見に行くことができるので間取りや部屋の状態だけでなく、駅までの距離関係や周辺のお店の状況も分かるので入居してから生活しやすいのかチェックすることができますね。

また、添乗員と一緒に回ることで今後自分だけで内覧した際のチェックした方がいいポイントまで聞くことができるのはそれだけでもお得ですね。

Braight Vintageの無料バスツアーの資料請求はコチラから

 

バスツアー当日の流れ

バスツアーに参加する場合、当日の流れは以下の通りとなります。

 

1. 受付
2. バスで移動
3. 一軒目の物件(立地のポイント説明・建物のポイント説明・設備のポイント説明)
4. 二軒目の物件(立地のポイント説明・建物のポイント説明・設備のポイント説明)
5. 解散

 

受付

集合場所はBraight Vintageの運営会社であるプレサスコーポレーション本社(大阪府大阪市中央区)となります。そのため、大阪近郊の方の方が参加しやすいですね。

 

バスで物件まで移動

ここが多くのセミナーと異なる点ですが、受付を済ませて参加者がそろったら、座学はほとんどありません。すぐに物件の住所までバスで移動を開始します。

でも、バスの中にはスタッフが数名添乗してくれるのでマンション投資について気になっている点(メリットはもちろん、デメリット)も色々と質問することができます。

バスツアーの定員は15名と比較的少数になっているのでスタッフにも質問しやすいのではないでしょうか。

 

物件内覧

バスツアーでは2時間で2軒の物件を内覧することができます。その際に重点的に説明してもらえるのが「立地について」「建物について」「設備について」の3つです。

「立地」は部屋を探している多くの人が最も重視するポイントです。実際に物件のある場所に立ってみることで最寄り駅までの距離や周りのお店といった生活環境を肌で感じることができます。

「建物」についても耐久性や安全性など地震への備えもありますが、どこに注意してチェックしたらいいのか2つの物件を通してポイントを抑えることができます。

「設備」は比較的重視されない点ですが、エアコンについては今ではその有無が人気を大きく左右しますし、それ以外でも宅配ボックスや部屋の階数などチェックすべきことがいくつかあります。

2軒回る際にはそれぞれが築年数の異なる物件なので1軒目と2軒目で違いをチェックすることもできます。いずれも不動産情報の書類上だけでは見えてこないこともありますから、実際の物件を見ることができるのは大きなチャンスです。

 

解散

最終的な解散場所は集合場所とは異なり、ホテルニューオータニ(大阪府大阪市中央区)になるのでご注意ください。

少し気になる点があったり、相談したいことがあれば、ホテルニューオータニでそのまま対応もしてくれますので延長戦も可能となっています。

Braight Vintageの無料バスツアーの資料請求はコチラから

 

無理なセールスがないのも安心

不動産物件のセミナーやバスツアーにはどうしても営業がつきまといます。そうなると無理なセールスをされるんじゃないかと不安になってなかなか参加できないという人も多くいます。

でも、Braight Vintageでは無理なセールスを行いません。口コミにもこんな記載がありました。

 

強引な営業が一切なかったのも個人的にはうれしかったです。

 

お客様と適度な距離をもって接してくれるので、これからマンション投資をしようと思っている人にとって最初のきっかけにはピッタリですね。

Braight Vintageの無料バスツアーの資料請求はコチラから

 

部屋探しの時に重視するポイントトップ3

投資するからにはただ持っているだけではダメで、マンションに入居者がいないと話になりません。それを解決する一番の方法は部屋を探している人が何を重視しているのか知り、それに見合った不動産物件に投資することです。

でも、コスパばかりに目が行きがちで、入居者が何を重視しているのかは忘れがちです。そこで引越しの際に重視している部屋探しのポイントをご紹介したいと思います。

 

部屋探しに重視するポイント

SUUMOが行った「引越し・住み替えの実態調査2017」からデータを引用しました。この調査は一人暮らしの社会人(男女)や学生(男女)、夫婦全857人を対象に行っているので結構リアルなデータになっていると思います。

1位 家賃(74.7%) 特に女性を中心に家賃を最も重視して部屋を探す人は多いです。でも、家賃を高く感じるか安く感じるかどうかは人によって感じ方も違います。

だから、少し高めでもコスパがいいと感じられる物件選びは心がけた方がいいですね。

2位 駅までの時間(58.6%) 都会を中心に足として活用される電車の駅までの近さは最近重視されるようになってきたポイントです。

特に女性や夫婦共働きの世帯の場合この駅チカ物件を重視しています。少なくとも都市圏で投資物件を探すのであれば最寄り駅まで徒歩何分かは外せないですね。

3位 通勤・通学時間(57.8%) 2位と似たような感じもありますが、投資先として検討する際には最寄駅から比較的近所に学校や大きな企業、オフィス街がないかをチェックしておくこともポイントですね。

ちなみに調査では複数回答を寄せてもらっているので数字は全体的に大きくなっています。

 

この調査結果から分かるのは投資の際にオーナー側の視点で言うと管理のことがつい頭をよぎるので築年数や設備、間取りなどに目が行きがちですが、意外と住む人にとっても見るとそこまで重要ではないことが分かります。

投資先には実際に住む人はいることを考えて、その人達の好みや重視しているポイントを見極めることはとても重要なことですね。

Braight Vintageの無料バスツアーの資料請求はコチラから

 

古いマンションでも十分投資対象となる理由

マンション投資の場合、どうしても新築マンション狙いになりがちです。やっぱり新しい物件の方がヒトが入りやすいでしょう!と安易に考えてしまうのは実は危険です。失敗の元になってしまうからですね。

先ほどご紹介したSUUMOのアンケート結果からも分かるように部屋を探すヒトが一番重視しているのは築浅物件ではなく、「家賃」と「立地」です。

新築マンションは確かにキレイですし、ヒトの手あかがついていない分気持ちよく生活できるのかもしれませんが、家賃が高くなりがちですよね。それで立地が良けれいいのですが既に開発が進んでいる土地だと、建築スペースはもう限られています。

そのため、立地面からすると意外とよくないケースが見受けられます、

その点、既に築年数が経過している物件なら逆に立地から選ぶことができるというメリットがありますし、家賃も安くなる傾向にあります。入居者が求める立地と家賃の安さを両立させるのが実は古いマンションだったりします。

だから、築年数がある程度経っている古いマンションでも十分に投資対象として成立するわけです。もちろん、古すぎたらよくないですから、しっかり物件を内覧した方がいいのは言うまでもありません。

 

▼Braight Vintageの無料バスツアーの資料請求はコチラ▼



 

 

-ビジネス