アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

便利グッズ

ベルナー V5スライサーの最安値は意外と公式サイト

2020/04/20

医療用ナイフのレベルの刃を野菜スライサーに取り付けたベルーナ V5スライサーですが、野菜スライサー自体は最近では100円ショップでも販売されるくらいの現代では少し高めです。

そのため、ベルーナ V5スライサーを最安値で買えるショップを探してみました。

 

ベルーナ V5スライサーの最安値は楽天じゃなくて公式サイト

実はベルーナは公式ショップをAmazonだけでなく楽天市場やYahoo!ショッピングにも出店しています。そのため、この3つだと価格は横並びですが、ポイントやサービスに一番力を入れているのは楽天市場になります。

期間限定ではありますが、全品15%割引セールを行っているのでお得に購入することができます。

▼ベルナー V5スライサー、楽天市場での購入はコチラ▼

上記のように基本的に各ショップ横並びですが、公式サイトでの購入(もちろん定価はAmazonや楽天、Yahooと一緒です)の場合、キャンペーンで楽天市場よりもさらに安くなる20%割引を実施しています。

ということは、ベルナー V5スライサーの最安値は公式サイトということになります。ただし、ショップ開店記念セールと書いてあるだけにいつ終了するか分かりませんので購入はお早めに

▼ベルナー V5スライサーの購入はコチラ▼

 

ベルナー V5スライサーの口コミ情報

ベルナー V5スライサーは日本ではまだなじみの薄い名前かもしれませんが、すでに60年の歴史をもつメーカーで本国ドイツでは高品質だと評判があるようです。

そこまでの商品なので購入者が使ってみてどんな感想を持っているのか気になったので口コミ情報を探してみました。

 

以前使っていたスライサーよりも切れ味がよく、時短になった

 

トマトが本当に薄くスライスできてびっくりした
[speech_bubble type="rtail" subtype="L1" icon="1.jpg" name=" "]

20年使っていたベルナー製品の切れ味が悪くなったので買い替えた
[/speech_bubble]
 

安全ホルダーがしっかりしていて、安心して使える

切れ味のよさに評価が高い口コミをよく見かけました。トマトが薄くスライスできるってテレビショッピングでは見かけたりする光景ですが、実際に家で使ってみても同じというのは好印象です。

20年も使えるというのもドイツ製品らしいしっかりした作りを印象づけますし、安全ホルダーのつくりにも信頼がおけるようです。(安全ホルダーがぐらつきやすいスライサーって結構ありますから)

スライサーでケガをした知り合いが何人かいるので、安全ホルダーのつくりというのは気づきにくい点ではありますが、重要だと思います。

▼ベルナー V5スライサーの購入はコチラ▼

 

画面じゃ分からないベルナー V5スライサーのココ

何事にもいい面があれば悪い面があります。ベルナー V5スライサーの裏側も口コミから見ていきたいと思います。

 

スライサーを使わない時の収納場所に困る

 

思った以上にサイズが大きい

 

使い方がわからないので使えない

意外と目についたのがスライサーが大きいという口コミです。画像は基本的に商品だけ写っているため、大きさが分かりにくいことが多いですよね。

調べてみるとスライサーのサイズは長さ38.5cm、幅14.5cmと結構タテに長いことが分かります。日本のキッチンでは収納に困るというのも分かります。

ベルナー V5スライサーの購入を検討する場合は置き場所のことも少し考えた方が良さそうです。

▼ベルナー V5スライサーの購入はコチラ▼

 

ベルナー V5スライサーの使い方は動画もチェック

ベルナー V5スライサーの使い方が分からないという口コミがありましたが、メーカーがドイツであることから日本語への対応が行き届きにくいのかもしれません。

そして収納ケースや安全スイッチの動きが少しメカニカルなところが分かりにくい原因になっているような感じがあります。

ベルーナ側もそれを理解しているようで、日本語での使い方動画を用意しています。こちらをご覧になると使い方が分かりやすいかなと思います。

 

動画を見ると結構薄切りも細かく厚さを設定できることが分かりますし、何よりその大きさが分かります(笑)モデルさんの手と比較すると大きめだなというのが伝わってきますね。

▼ベルナー V5スライサーの購入はコチラ▼

 

ベルナー V5スライサーの品質は100均と何が違うのか

最初に書きましたが野菜スライサーはもう100均でも売られるくらい安くなってきています。それなのに7,000円以上もするスライサーにはそれなりに理由があると思います。

まず、ベルーナ製品はスライサーの切れ味が違うことが挙げられます。野菜を1mmから8mmの厚さに調整してスライスすることができますし、口コミにもあったようにトマトの薄いスライスはなかなか安いスライサーではまねできない芸当です。

また、ベルーナはスライサー以外にも皮むきやおろし器、果汁しぼり器、鍋などのキッチンツールも製造していて、それらの製品に共通しているのが頑丈でもちがいいということです。

口コミにもありましたが、20年変わらず使える製品であれば少しくらい価格が高くても十分コストパフォーマンスが高いと言えると思います。

ベルーナは安全性にも力を入れていて、本体のプラスチック素材にはBPAを使用していません。

BPAはビスフェノールAという化合物でプラスチックの合成によく使われますが、環境ホルモンのひとつでもあり女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を示し、乳がんなどを引き起こしやすくなる可能性があります。

そのため、厚生労働省はホームページで乳幼児や妊婦の使用に注意を呼び掛けています。

品質と安全性の両面に力を入れているのがベルーナ V5スライサーということになります。ここまでのことは100円ショップの製品では追求しづらいところではありますね。

 

【悲報】キャンペーン終わってた。。。

ベルナーのキャンペーンがとっくに終わってたので、改めて料金を調べてみました。

 

●公式サイト…6,600円(税込)【送料無料】

●楽天市場…6,600円(税込)【送料無料】

●Amazon…6,600円(税込)【送料無料】

 

完全に横並びですね(笑)そうなるとポイント還元のことを考えたら、楽天市場で買うと一番お得に購入することができるという結果になりました。

もちろん、好きなサイトで購入してもいいのですが、全ての商品がAmazonが一番安いと思っている人も多いと思います。でも、結構な数の商品がAmazonよりも楽天市場の方が安く買えることがあるのは知っておいてもいいことだと思います。

 

▼ベルーナ V5スライサーの購入はコチラ▼

 

-便利グッズ