アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

馬具マットプレミアムEXの口コミとEXになってここが変わった

2019/04/28

腰が気になる人や長時間座って作業をすることが多い人は姿勢が悪くなりがちです。若い頃はそんなことなかったとしても、40代50代になっていくときっと共感してもらえると思います。

でも、姿勢が悪いと体にとってあまりいいことはありませんよね。だから姿勢をまっすぐにしたいと思いつつもなかなかできないものです。ソファーに座りでもしたらどんどん悪い方へ行ってしまう。。。

そんな悩みを抱えている人にとって助けになるのが「馬具マットプレミアムEX」です。

馬具マットプレミアムEXの購入はコチラから

 

馬具マットプレミアムEXの口コミ・評判

馬具マットプレミアムEXはシリーズ累計20万台以上の販売実績を持つヒット商品です。でも、実際に使った感覚まではネットでは分かりにくいもの。そこで実際に購入した人の口コミ情報を集めてみました。

購入者の生の声は使った人でないと分からないことも書いてありますから、参考になると思います。※口コミ情報は販売サイトから引用しました。

 

 

これは良い商品!

寄りかかってもしっかり支えてくれる安心感。

目立たないサイズ感。持ち運びも楽です。

ちゃんと骨盤が立ってしっかり座れているのか疲れません!まだ使用5時間くらいなので強度と商品ヘタレ度は判りませんが、かなり長持ちしそうな硬さです。

長く座ってもお尻痛くならないし、カバーがしっかりした布地を使ってるからお尻が滑らない。良品でした。


 

背筋がピンと伸びる感じで快適です。

食卓のベンチで私が使うように購入したのですが、私が使っていない時は主人も娘も座っているようです。


 

今日 届いて早速 使ってるけど 持ち運びにはコンパクトは良いけど 座って使用するには 少し大きい方がいい

座ると自然に背筋は 真っ直ぐになり 正しく骨盤使えて 矯正にはなりそう


 

91才の母は、テレビの前のソファーに座っている時間が長いせいか、腰が痛いと言うので、使わせてみました。

随分と楽なようです。


 

自分はヒップ91㎝、中肉中背のおっさんですが、とても座り心地が良く、たいへん気に入りました。

尾骨をなるべく後方に据えて胡坐で座ると、前滑りせずに長時間正しい姿勢で座れます。

禅寺で専用の丸座布を使って坐禅する時と同じような姿勢が、努力せずに自然に保てる感じです。

腰周辺だけでなく、首のほうまで脱力してくる感じがあり、座から立った時の全身の疲労感が明らかに改善されました。

自分の場合、おもに床上で胡坐姿勢で使っていますが、椅子の上で使っても(やや低めの椅子であれば)同じような効果が得られると思います。

ただし、このての商品は使い手との相性の良し悪しがあるので、ここまで述べた感想はあくまでも"個人の感想”です。

おそらく、体格の大きな人には合わないでしょうし、痛みの症状があって反り腰気味になるのが苦手な人にも合わないと思います。

 

ヒップ91cmの方でも実感できたという口コミがあった反面、馬具マットプレミアムEXの幅は41cmとなっていますから確かにもっと大柄の人だと合わないかもしれないですね。

自分の体と商品サイズを比較して判断した方が良さそうですね。

でも、小柄でよく座椅子などに座っている方ならいいのかもしれないですね。

馬具マットプレミアムEXの購入はコチラから

 

馬具マットプレミアムEXは「EX」になってここが変わった

馬具マットプレミアムEXは従来の馬具マットプレミアムがバージョンアップした商品です。じゃあ、どのあたりが進化したの?って思うかもしれませんが、それは写真を比較してみたら一目瞭然です。

 

 

クッションの面積、特に腰回りが大きくなっています

これはとても重要なことでクッションの面積が増えることで従来よりも座りやすくなっているのはもちろん、形も腰を支えやすい形状に設計されているので正しい姿勢を維持しやすくなっています。

だから、今まではイスに座っても腰のあたりが前にずれて姿勢が丸まってしまっていた人でも腰がサポートされるので、骨盤が立った姿勢で座りやすくなりますね。

馬具マットプレミアムEXの購入はコチラから

 

乗馬をする人はなぜ姿勢がいいの?

たまにニュースなどで馬術の様子を放送していることがあります。テレビに映る選手はみな姿勢がいいことに気づくと思いますが、ずっと揺れている馬の上できれいな姿勢をキープするのは大変ですよね。

いくらトレーニングされているとは言え、きっと秘密があるはずです。実はそのヒミツが馬に載せる「鞍(くら)」にあります。

鞍は常に安定することがない馬の上で自分の腰を支えるために昔から使用されてきました。近くで見ると分かりますが、馬の背中はまっすぐで人のお尻を乗せるにはとても座りにくい形状です。

丸いお尻を安定した状態で馬の背中に乗せるために考え出されたのが鞍なんですね。だから、鞍の上に載ると自然と姿勢がよくなるというわけです。

馬具マットプレミアムEXの購入はコチラから

 

馬具プレミアムEXはクッションなのに「馬具職人」が製造?

馬具マットプレミアムEXは整体師と家具職人、馬具職人という3人のプロによるコラボレーションで開発された商品です。

クッションに座る際の体重のかかり方や姿勢を保つための構造は重要ですから人の体に対して深い知識と持つ整体師がいるのは分かります。

馬具マットプレミアムEXは生地にすべりにくく高級感のあるものを採用していて、クッションの形を作るために家具職人の存在は欠かせません。

ここで第三のプロ、馬具職人です。なぜ、クッションなのに馬具職人が関わっているのかというとやはりキーワードは「鞍」だと思います。鞍は馬術などでは一般的かもしれませんが、通常生活の中ではあまりお目にかからない特殊なアイテムです。

でも、馬の上でも安定した姿勢をとるために欠かせない鞍をクッションの構造に落とし込むことはとても重要なことですから、馬具職人のサポートが必要なわけですね。

馬具マットプレミアムEXの購入はコチラから

 

馬具マットプレミアムEXの構造と使い方

馬具マットプレミアムEXが多くの人に愛用されているヒミツはその内部構造にあります。まず、EXになって採用された背もたれは少し曲線状になっていて、背中側から腰を包み込むようにサポートするようになっています。

また、外側も座椅子としては丸みを帯びていてカーブしていますが、これは外側から腰のまわりを支えるために役立っています。

真ん中には尾骨ポケット(穴)が開いていて、そのポケットに尾骨が納まることで安定して座れるようになっています。

クッションや座椅子に座った時に前にずれることがありますが、馬具マットプレミアムEXは滑りにくい生地を採用するとともにクッションの全面が膨らんでいる形状をしているのでお尻が前にずれないようにし良い姿勢をとれるような構造になっています。

 

馬具マットプレミアムEXの使い方

馬具マットプレミアムEXはその真ん中に腰かけてから、お尻をクッションの後ろ側まで入れるのが正しい使い方です。そのため、前のめりだったり足を組んだりではなくリラックスした状態で座った方がいいのではないでしょうか。

また、使う場所は床はもちろん、座る面が平らなイスやソファなどに置くことができます。

形が少し特殊なのでお尻の接地面が小さいと感じるかもしれませんが、徐々にフィットするようなのでしばらく使ってみた方が良さそうですね。

馬具マットプレミアムEXの購入はコチラから

 

評価されているポイントとおすすめの人

馬具マットプレミアムは楽天市場のランキングで1位になったこともある商品なので、人気はもちろんありますし、テレビショッピングでも紹介されていることもあり販売実績はシリーズ累計で20万台以上にもなっています。

シリーズ累計でというのがミソで例え最初の商品がたまたま売れたとしても品質が悪かったらその後のシリーズが売れ続けることはありません。やはりメーカーが改善を続けてきたことと評判になっている点があるかではないでしょうか。

口コミやレビューといった実際に使った人の感想を元に評判になっている理由をご紹介したいと思います。

腰痛が楽になる(楽になった・楽になりそう)

やはり、馬具マットプレミアムを使う一番の目的ですよね。腰を安定させる構造になっていますから、使った人から「腰が楽になった」ですとか「腰痛予防に使えそう」といった点が評価されているようです。

コンパクトで持ち運びがラクチン

意外なのがコンパクトなことが評判にもなっています。小ささは座りにくさにもつながりますから、口コミでも大柄な人だとサイズが合わないという口コミがありつつもクッションなどと違ってコンパクトなので使う場所を選ばない点が評判になっているようです。

床や畳の上はもちろん、イスの上でも気軽に使えますし、お家の中で持ち運んで色々なお部屋で使えるのが便利ですね。

それを考慮するとやっぱり馬具マットプレミアムは長時間座って作業をする人に一番おすすめな商品と言えます。座るという行為は一見すると楽だと感じがちですが、意外と腰に負担がかかっているものです。

パソコンや趣味でイスに座っての作業は長時間になりがちですから、それだけ体への負担も増してしまいます。そんな時に馬具マットプレミアムEXを使うことで腰を安定させて楽に作業できるのはとても便利ですね。


▼馬具マットプレミアムEXの購入はコチラ▼


-健康グッズ