アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

食べ物

圧力名人は酵素玄米がカンタンにつくれる玄米雑穀ブレンド

健康に気をつかう人が酵素玄米を食べていると雑誌によく載っています。酵素玄米は寝かせ玄米ともいい玄米と小豆、塩を炊いて、2~3日ぐらい保温・熟成させたものを言います。

酵素玄米は圧力IH炊飯器を使うとおいしく炊けると言いますが、炊飯器でもつくることができます。

上記のように酵素玄米は最低限、玄米と小豆、塩があれば成立しますが、雑穀を加えることでより栄養価が豊富になるので雑穀入りの酵素玄米は結構人気です。

 

酵素玄米を雑穀入りで作る時の問題点

酵素玄米を作る時に玄米はお米ですから、よくスーパーなどで購入すると思います。

でも、小豆や雑穀も入れるとなると切らさないようにそろえて置かないといけませんし、栄養価のことを考えたら雑穀の種類もある程度揃えたいところです。

雑穀も何種類ぐらい入れたらいいのか、雑穀も色々あるので何を入れたらいいのか考えないといけません。結構考えることがいっぱいですね(笑)

酵素玄米一回作って食べて終わりでは意味がありません。続けてこそ健康にもいいと思います。かと言って、いちいち雑穀をそろえるのは面倒ですよね。

そんな時に便利なのが酵素玄米に必要な玄米と雑穀をブレンドした「酵素玄米専用雑穀ブレンド『圧力名人』」です。

酵素玄米専用雑穀ブレンド「圧力名人」の購入はコチラ

 

雑穀ブレンド「圧力名人」は玄米と雑穀がブレンドされて便利で簡単

酵素玄米専用雑穀ブレンド「圧力名人」には酵素玄米がおいしく炊けるように玄米と小豆、6つの雑穀(大麦、はと麦、黒米、高きび、赤米、黒豆)がブレンドされています。

だから、酵素玄米を作る時に雑穀を揃える手間が不要です。小豆は酵素玄米にはなくなてはならない材料ですが、普段の食卓ではあまり上る機会の少ない食品でもあります。

ついつい買い忘れてしまいがちですが、圧力名人があれば買い忘れの心配がなくなって便利です。

小豆と雑穀だけでなく玄米もブレンドされているので材料も少なくて済みます。基本の酵素玄米を作る時も材料が圧力名人と塩だけで作れちゃいます。

しかも今圧力名人を買うと塩(佐渡のみしお)もついてくるので(多分家にあるとは思いますが)塩をそろえる手間もいりません。

酵素玄米専用雑穀ブレンド「圧力名人」の購入はコチラ

 

雑穀ブレンド「圧力名人」の中身の雑穀はなんだ?

酵素玄米専用雑穀ブレンドは玄米と小豆以外に大麦、はと麦、黒米、赤米、高きび、黒豆が入っています。雑穀としてよく名前を聞くものもあれば、あまり聞かない名前もあります。

それぞれの雑穀の特徴を調べてみました。

大麦 麦ごはんでおなじみの大麦は食物繊維が豊富で白米の17倍以上も含まれていて、さつまいもと比較しても4倍も多いのが特徴です。

しかも食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があり、このバランスも重要ですが、大麦には両方の食物繊維が半々で含まれているので理想的なバランスです。

他にもカルシウムやカリウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

はと麦 はと麦も食物繊維が豊富で白米の約2倍含まれていると言われています。また、タンパク質も豊富で新陳代謝を促す働きがあると言われています。そのためかはと麦は薬膳料理でよく見かけますね。

それもそのはず、はと麦の皮をむいた種部分は「よくいにん」と呼ばれ漢方薬にも使われているほどです。はと麦はエキスが化粧品に使われることもあり、保湿効果がよく知られています。

黒米と赤米 黒米と赤米はどちらもイネの一種です。いわゆる古代米としての名前が有名じゃないでしょうか。どちらも食物繊維やカルシム、カリウムなどのミネラルも豊富です。

黒米も赤米も白米とくらべると見た目的に色の違いが大きなポイントになります。これは色素の違いによるものですが、黒米の色素はアントシアニン、赤米の色素はタンニン由来です。

アントシアニンはブルーベリーにも多く含まれている色素で眼精疲労の回復や抗酸化力が注目されています。タンニンもぶどうや緑茶に含まれる色素として聞いたことがあるかもしれませんが、こちらも抗酸化力があると言われています。

高きび きびはきび団子で聞いたことありますが、高きびはあまり耳なじみのない雑穀ですが、モロコシと言ったり、英語でソルガム、中国名で高梁(こうりゃん)と言うそうです。こうりゃんなら何となく聞いたことあります。

高きびは食物繊維やマグネシウム、鉄分が豊富です。またタンパク質の形で必須アミノ酸がバランスよく含まれているので人には必要な栄養素を効率的に摂ることができます。

ビタミンEもたくさん入っているので抗酸化力にも期待できそうですね。ちなみに高きびって「こうきび」かと思ったら「たかきび」って読むそうです。初めて知りました。

黒豆 黒豆の外側にある黒い皮には黒大豆ポリフェノールが含まれます。このポリフェノールの抗酸化作用で老化防止や血圧の抑制などの効果が期待できます。

他にも大豆イソフラボンやレシチン、タンパク質、カルシウム・カリウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

 

酵素玄米だけでも十分に栄養価があるのにさらに加える雑穀の栄養パワーでますます健康になれそうな気がしてしまいます。まだ食べてないけど(笑)

酵素玄米専用雑穀ブレンド「圧力名人」の購入はコチラ

 

酵素玄米にはなぜ小豆を入れるの?

酵素玄米に玄米は不可欠です。それは納得できます。でも、なんで小豆も要れないといけないんでしょうか。赤飯みたいになって食べやすいからかな?気になったので調べてみました。

酵素玄米に小豆を入れる一番の理由は小豆の栄養価にありそうです。小豆にはタンパク質やビタミンB1・B2、食物繊維、鉄分などが豊富に含まれていて玄米の栄養を補ってくれます。

特に小豆にはビタミンB群が多く含まれています。また、小豆にはサポニンも含まれていて疲労回復などの効果が期待出来ます。

ただ、この辺はさっきも書いた他の雑穀でも十分に栄養豊富な気がします。実際、酵素玄米は小豆を入れなくても炊くことができます。でもなぜ小豆じゃないといけなかったまでは分かりませんでした。

調べた中には小豆の代わりに栗を入れるなんてものもありましたが、確かに味はよくなるのかもしれませんが、やっぱり酵素玄米の開発者に敬意を払ってきちんと小豆を入れて炊きたいものです。

酵素玄米専用雑穀ブレンド「圧力名人」の購入はコチラ

 

雑穀ブレンド圧力名人で毎日酵素玄米を食べるからこそレシピが知りたい

酵素玄米は毎日食べるわけですが、やはり飽きがくることもあります。そんな時のために酵素玄米を使ったレシピを知っておくと飽きがこないよう工夫ができていいのではないでしょうか。

 

酵素玄米おむすび

具材を工夫したアレンジおむすびです。どれも材料を混ぜ合わせておむすびにするだけです。

【コーンとおしょう油の焼きおむすび】 酵素玄米ごはん:200g、コーン:20g、しょうゆ:適量 ※焼きおむすびにしていただきます。

【パセリとくこの実のおむすび】 酵素玄米おむすび:200g、きざみパセリ:2g、くこの実:5g

【タクアンと枝豆のおむすび】 酵素玄米おむすび:200g、タクアン:20g、枝豆:20g、塩:適量

 

アボカドとひじきの酵素玄米サラダ

【材料】 酵素玄米ごはん:300g、アボカド:1/2個、乾燥ひじき(水でもどしたもの):大さじ2、トマト:1/2個、レタス:1枚 <ドレッシング>酢:大さじ2、ハチミツ:大さじ1、粒マスタード:大さじ1、塩:小さじ1/2、オリーブオイル:大さじ1

1 ドレッシングの材料を混ぜ合わせておきます。
2 各材料を食べやすい大きさに切って、酵素げんまいごはんと混ぜ合わせます。
3 ドレッシングを適量上からかけて出来上がりです。

 

酵素玄米サラダは少し変わっていますが、ヘルシーかもしれませんね。アボカド、ひじき、トマトも入っているので栄養バランスが取れたレシピになっています。

 

▼酵素玄米専用雑穀ブレンド「圧力名人」の購入はコチラ▼



 

-食べ物