アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ビジネス

アスリートエージェントの口コミとどこに就職できるのか気になる

野球選手やサッカー選手など華やかなプロスポーツの舞台で活躍する人たちは選手寿命は決して長くありません。多くが30代後半で、早い人になると20代前半でセカンドキャリアを探さないといけなくなってしまいます。

じゃあ、将来のことを考えるとスポーツに打ち込みすぎるのはよくないのかというと必ずしもそうではありません。スポーツにすべてを懸けてきたアスリートを実は有望視している業界は結構あります。

でも、多くの転職サイトや就職支援サービスでは全体的な対応をしなければならない性質上、期待薄なことは間違いありません。じゃあ、どうしたらいいのか、答えはカンタンでその業界に特化した支援サイトを利用すればいいんです!

そんな体育会系やアスリートの転職支援サービスが「アスリートエージェント」です。じゃあ、アスリートエージェントでどんな就職先があるのか調べてみました。

 

アスリートエージェントの口コミ・評判

まずはアスリートエージェントを利用して就職や転職できた人の口コミ情報をご紹介したいと思います。先に利用した人の中には新卒だったり、転職だったり、セカンドキャリアとしてだったりと様々なので参考になると思います。

 

 

【アメフト部出身・転職】
今の転職先をアスリートエージェントさんにご紹介頂きました。「今を生きてる。」という感覚で仕事が出来る環境をご紹介頂いた事に本当に感謝しております。

アスリートエージェントさんにお願いして本当に良かったなと思う事は、「自分の価値観に合う企業をピックアップしてくれた事」です。

初めての転職で不安な部分もありましたし、正直1社しか経験していないので、世の中にどのような仕事や業界があるのか分かりませんでした。

担当してくれた小園さんは、今まで700社近い企業の採用相談に乗り、多くの転職支援をしてきた方だったので、単なる転職企業の紹介では無く、これから先のキャリアを考えた上での企業選択の話をしてくれました。その為に、徹底的に価値観をヒアリングされました。(笑)

また、面接の際に事前に社会人競技活動の事を話してくれていた事も、転職活動がスムーズにいった要因だと思います。私は今でも社会人アメフトリーグで、競技を続けている為、どうしても土日休日が必須でした。アスリートエージェントさんは、その事を事前に企業に伝えてくれていて、面接の時には、むしろその事で「他の人が休日で休んでいる時に、競技を続けているなんて君すごいね。」と高評価をしてくれました。


 

【水泳部出身・新卒】
新卒の就職活動で、アスリートエージェントさんにお世話になりました。体育会学生専門の紹介会社は他にも何社かお世話になったのですが、「いつでも相談できる。親身に相談に乗ってくれる部活のマネージャーみたいな存在」と感じたのは、アスリートエージェントさんでした。

ナビ媒体のように、何万社とある企業の中から、社会人経験の無い新卒学生が、自分にフィットする企業を自分一人で探す事は不可能な気がして、担当してくれたコンサルタントの白木さんには毎日のように就活相談をしていました。(笑)

その中で、今の就職した企業をご紹介して頂き、「この方達と一緒に働きたい!」と心から思える企業に出会えました。

就職が決まった後も、入社前にアスリートエージェントさんで内定者研修を実施してくれて、「競技経験で培った思考やマインドをどのように仕事に活かせるのか」を教えて頂き、今の営業活動にとても役立っています。


 

【大相撲からのセカンドキャリア】
現役時代に、私のフィジカルサポートを担当していた方から、アスリートエージェントさんをご紹介頂き、とてもお世話になりました。引退後にスムーズに社会に溶け込む事が出来たのは、そのおかげだと思っています。今は、家庭用電位治療器の販売会社で、店長をしております。

プロアスリートが引退する場合、競技にほぼ未練が無いアスリートと、未練を残したまま引退するケースがありますが、私の場合は、完全に前者でした。当時関取で、26歳で現役を引退しましたから、周りからは若すぎる引退と騒がれました。

が、むしろ引退を決める2年前くらいからプロアスリートとしての気持ちは残念ながらもう薄れておりました。

中学生以来、相撲以外の世界を知らなかったので、引退後は本当に毎日が勉強でした。そういった意味では、少し世間ズレしているようにも見られたかもしれません。

何をすればいいのか全く分からなかったので、アスリートエージェントさんの存在は本当に大きかったです。「世間にどのような仕事があるのか?」「プロ競技者の経験をビジネスにどのように活かせるのか?」「一般社会人のマナー研修」「自分と同年代ビジネスマンだとどのような立ち位置にいるのか?」etc.上げればキリが無いのですが、約3ヶ月間程度でしょうか?面談と研修を繰り返して頂き、今の会社に無事就職する事が出来ました。

プロのビジネスマンになるには、まだこれからですが、プロ時代と同じように強い気持ちを持ってビジネスアスリートとして成長していきたいと思います。

 

新卒と転職、セカンドキャリアと就職という面では同じですが、実は求められている人材は意外と違うものだったりします。

そんな中、それぞれのパターンできちんと実績を出しているのでさすがはこれまでに3,000人以上の就職・転職をサポートしてきたアスリート特化型のサービスと言えますね。

アスリートエージェントへの無料申し込みはコチラから

 

どんな会社に就職できるの?

アスリートエージェントは体育会系やアスリートに特化しているだけあって、紹介してくれる会社もおのづと現役時代の競技実績や経験をきちんと評価してくれる会社ばかりになっています。

そして、将来的なことを考えるとある程度会社の規模も気になるところだと思います。アスリートエージェントでこれまで取り扱ってきた企業数は300社を超えますが、よく耳にするおなじみの一部上場企業からベンチャー企業までその規模は様々です。

でも、再度となりますが、スポーツに打ち込んできたことをきちんと評価してくれますから安心して申し込むことができるのではないでしょうか。

 

アスリートエージェントと取引実績のある企業(一部)

株式会社オプト
クルーズ株式会社
株式会社フォトクリエイト
パナソニックESネットワークス株式会社
株式会社ミロク情報サービス
株式会社リブセンス
Supership株式会社
株式会社ノバレーゼ
株式会社Plan・Do・See
株式会社マイナビ
株式会社リクルートホールディングス
株式会社キャリアデザインセンター
オハヨー乳業株式会社
株式会社ファーマインド
東レ・アムテックス株式会社
プルデンシャル生命保険株式会社
明治安田生命保険相互会社
アディダス ジャパン株式会社
ゼビオホールディングス株式会社
株式会社ダンロップスポーツウェルネス
株式会社オープンハウス
株式会社ベイカレント・コンサルティング
株式会社じげん
ニールセンスポーツ
ベネッセグループ

アスリートエージェントへの無料申し込みはコチラから

 

最短2週間での内定!【知っておきたいこと】

アスリートエージェントを利用したらどれぐらいで内定がもらえるのかと言うのも気になることだと思います。内定をもらえるまでは個人によってもバラつきがありますが、最低で2週間となっています。

もちろん、利用者個人の取り組みにも左右されますが、アスリートエージェントでは提携企業に協力いただき、特別な選考枠(限定求人)を設定してもらっているので通常の就職期間よりも短い期間で内定まで行きつくことが可能なのもメリットです。

 

就職先企業で知っておきたいこと

アスリートエージェントでは個別面談を本社(東京都渋谷区)で行います。郊外の大学に在籍していたりや地方の会社に勤めている場合には面談に行くのが難しいかもしれません。

そんな時は出張での面談もしてくれるので、東京じゃないからとあきらめる必要はありません。

でも、一点だけあらかじめ知っておいた方がいいことがあります。それが就職先企業です。アスリートエージェントで紹介している企業は既にご紹介したように東証一部上場の大手企業からベンチャー企業まで様々です。

でも、いずれの場合も東京近辺(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の企業に限定しています。就職支援には企業側との連携も欠かせませんが、その質を維持するために企業に絞っています。

そのため、今は東京に住んでいるけど就職先は地元にしたいと考えている場合には不向きなサービスと言えますね。

アスリートエージェントへの無料申し込みはコチラから

 

知識がなくても大丈夫!アスリートの不安を解消

これまで何年間も毎日スポーツに打ち込んでいて、学業をおろそかにしていたというアスリートは少なくありません。そのため、就活知識への不安を口にする人は多いですね。

でも安心してください。アスリートエージェントは体育会出身者やアスリートに特化した就職・転職支援サービスです。だから、利用者も学生時代競技に集中してきた人がほとんどです。

だから、そのためのアスリートの就職を支援するためのノウハウも十分に蓄積しているのが一般的な就職支援サービスとの大きな違いです。

履歴書の書き方から自己PRの方法、面接の知識など就職活動へのサポートをしっかりとしてくれるので安心して就職・転職活動に取り組むことができます。

アスリートエージェントへの無料申し込みはコチラから

 

就職までの流れが3ステップ【もちろん無料】

アスリートエージェントを通して、就職先や転職先に出会うまでの流れをご紹介したいと思います。大まかに分けると●つのステップになります。

 

ステップ1 サービスの申し込み~面談

まずはアスリートエージェントの利用登録をしないと始まりません。申し込みフォームに必要事項を記載して登録を行いますが、利用料は無料なので安心して登録することができます。

 

申し込みフォームの入力事項
【必須項目】
・名前
・フリガナ
・性別
・年齢
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・学歴
・学校名(学部・学科)

【任意の入力項目】
・所属していた部活(社会人の場合)
・経験職種(社会人の場合)
・経験者数(社会人の場合)
・希望職種
・質問

任意で社会人経験者用の質問とは言え、所属していた部活を入力する箇所があるのはいかにもという感じですね。

申し込みを行ったら、アスリートエージェントから連絡があるので日時を設定して個別にキャリア面談を行います。10分かそこらではなく60分間しっかりと向き合って面談を行ってくれるのが特徴です。

今までの成功体験や挫折した経験を振り返ったり、あなたの個性を深堀りしていって、目指す就職先の方向性を見出すとても重要な面談になります。

面談をしてくれるのはこれまでに500名以上のサポートを行った実績のあるプロフェッショナルなコンサルタントで、特に20代~30代の就職や転職を支援していますから実績も十分です。

 

ステップ2 求人の紹介と対策~内定

面談の内容を元にあなたに合った求人を紹介してくれます。ハローワークなどと違い会社情報や仕事の内容だけでなく、会社の雰囲気まで細かく伝えてくれるので仕事に就いてからの自分をイメージする手助けになりますね。

もちろん、就職には試験が伴いますし、アスリートエージェントではそのサポートもしっかりと行ってくれます。具体的には次の内容があります。

 

主な就職試験の対策サポート
・履歴書の書き方
・自己PRの方法
・面接や質疑応答の対策
など

人によってはすぐに内定がもらえるかもしれませんし、何社も受ける場合もあるかもしれません。その間も積極的に相談をすることが気持ちが落ち着くと思いますし、相談しやすいのもメリットです。

 

ステップ3 内定後の面談とアフターフォロー

内定が決まったらその後、再度コンサルタントと内定後面談を行います。改めて将来のビジョンを考えていくことで入社に向けて気持ちを高める狙いがあります。

また、アスリートエージェントでは就職先・転職先を紹介して終わりではなく、「体育会出身者やアスリートの人材が入社してからも輝いていけること」を目指しています

そのため、内定者が新しい就職先に入社する前にオリジナルの教育研修を実施しています。

また、入社後も仕事や上司・同僚などの人間関係での悩みや不安があればそのフォローもしてくれるので相談できるのもうれしいところです。

 

▼アスリートエージェントへの無料申し込みはコチラ▼


-ビジネス