アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

atGPジョブトレならデジタルハリウッドの講座が無料で受けられる?

障害を持っている人が就職や転職を考えた際にサポートしてくれる施設として就労移行支援事業所があります。事業所として利用者さんに様々なトレーニングをして目的の仕事に向かってサポートをしてくれるわけですが物足りない部分もあります。

それがパソコンスキルのトレーニングに関してです。福祉の世界でも今やパソコンが必須であるにも関わらず、教える側にそのスキルが少ないためトレーニングもどうしても浅い物になりがちです。

でも、就職先はWebデザインやプログラミングなどそれなりのスキルを必要とするものあります。そこで実戦的なスキルを身に着けて就職へ望みたい人にピッタリの就労移行支援サービスが「atGPジョブトレIT・Web」です。
障害者専門のIT・Web就労支援サービス【atGPジョブトレIT・Web】

 

デジハリのWebデザイナー講座がタダで受けられる

最初にお伝えしておきますが、atGPジョブトレを利用する一番のメリットはデジタルハリウッドの講座を受けることができることです。

デジタルハリウッドはWebデザインやプログラミングなど高度なパソコンスキルを身に着けることを目的とした学校で日本全国で開校されていますしネット上で通信講座も受けることができます。「デジハリ」の通称でもおなじみの学校です。

講座はいくつかありますが、atGPジョブトレで受講できるのがWebデザイナー講座です。講座は動画を見る形式で行われますが、現場で活躍するプロのクリエイターが講師を担当しているのでまさに実践的なテクニックを学ぶことができます。

講座内容では企画やデザイン、コーディングまでWebサイトを制作する一通りのことを学ぶことができるよう設定されています。

 

企画 企画、ワークフロー、Webリテラシー、営業スキル、Webディレクション
デザイン Photoshop、Illustrator、カラー、フォント
コーディング HTML5、CSS3、JavaScript、Dreamweaver、WordPress

 

フォトショップやイラストレーターといったデザイン系のソフトに加えWordpressといったCMS、さらにはプログラミング言語も学べるのでかなりのスキルを身に着けることができます。

通常の職場であれば、これらのスキルが使えるというだけでも一目置かれる存在になれそうですね。

 

通常30万円以上の講座がタダ?【atGPジョブトレのメリット】

通常、デジハリのWebデザイナー講座を一般の人が受講しようと思ったら、30万円以上の費用がかかります。そして、ここがatGPジョブトレの最大のメリットとなりますが、この講座費用が0円。タダで受けることができる点にあります。

また、Webデザイナー講座を受講しようと思ったら、実際に操作をしたり動画を見るのにそれないに性能のあるハイスペックなパソコンが必要となりますが、これも施設に準備してあるので新しく出費が要らないのもうれしい点です。

atGPジョブトレIT・Webの詳細はコチラから

 

トレーニングは施設で行うので通所が必要

上記のようにatGPジョブトレでWebデザイナー講座を受講しながらパソコンのスキルを磨こうと思ったら、通所が必要になってきます。毎週月曜日から土曜日の10~16時が施設の開所時間なのでその間に通所することになります。

また、動画講座のことを考えると週4日以上は通所して学習することを意識しておいた方がいいと言えます。このことは同時に就職したら同じ時間に出社する日々が始まりますからそんな生活リズムに慣れるためのトレーニングとなりますね。

 

一人きりじゃないのがうれしい

もちろん、atGPジョブトレに通所して支援を受けているのは一人きりではありません。他にも障がいをもって通所している仲間がたくさんいる環境であることは大きなポイントです。

同じ境遇でないと分かちあえないことはたくさんあるでしょうし、一緒に励まし合いながらトレーニングを受けることができるのもメリットです。

また、Webデザイナー講座をただ受講するだけではよく分からない点も出てくると思いますが、施設には専門のスタッフもいますから気軽に相談できるので不安な点や疑問点があったらすぐに解消できます。

atGPジョブトレIT・Webの詳細はコチラから

 

動画講座以外にも豊富なカリキュラムをご用意

 

障がい者向け、福祉向けのサービスならではと言える動画講座を無料で受けられるだけでなく就職に向けたサポートプログラムももちろん充実しています。

例えば、今までの生活リズムを少しずつ変えて決まった時間に起きる生活を安定させることから始まり、現在のあなたの症状や特性に向き合い理解していくことでコントロールしていくことまでを学ぶ自己理解のカリキュラムも用意しています。

また、動画講座でのテクニックを学ぶだけでなくビジネスのスキルをトレーニングしたり、就職への準備をするカリキュラム内容にもなっています。

atGPがこれまでの就労移行支援サービスを提供してきた中で培ったことを常にカリキュラムにフィードバックしていくことで障がい者の方が就職・転職先でより働きやすく、より必要なスキルを身に着けられるよう常に考えてカリキュラムが設定されています。

atGPジョブトレIT・Webの詳細はコチラから

 

15年以上の実績による安定の転職ネットワーク

atGPジョブトレはゼネラルパートナーズというグループの一員です。ゼネラルパートナーズでは様々な障がい者に合わせて特化型の就労移行支援事業所や就労継続支援事業所を運営しています。

既に15年以上の運営実績があり、入所者の就職決定数が東京都と大阪府で1位(平成27年度)となっています。また、職場定着率も91.9%という高い実績があるのが特徴です。

一般的(健常者)の就職支援サービスもそうですが、障がい者の就職については支援事業所と社員を受け入れる企業側との密な連絡が定着率には欠かせません。

それに物を言うのがゼネラルパートナーズがこれまで培ってきた実績です。そのため、ゼネラルパートナーズでは2,500社の求人企業とのネットワークがあるのが強みです。

そして、一定規模以上の会社では障がい者雇用は義務化されており、求人をかけている会社の多くがよく名前を聞くような大企業ばかりになっているのも特徴です。

atGPジョブトレではそういった会社の就職試験対策にもきちんとノウハウがあり、提出書類の内容から面接の対策まで細やかなサポートをしてくれる上に入社後も安心して働き続けられるよう継続したサポートをしてくれるのがうれしいところです。

atGPジョブトレIT・Webの詳細はコチラから

 

通所が基本なので渋谷・秋葉原に通える人が対象

atGPジョブトレは障害があって働く意欲があり18~65歳であれば誰しも利用できます。Webデザイナー講座を受けるからと言ってもホームページを作った経験はなくても全く問題ありません。

そして、就労移行支援事サービス自体も基本的には無料で利用することができます。現在の収入状況にはよりますが自己負担が発生することがありますが、実際には利用者の9割以上が無料で利用しています。

一つ注意点があるとしたらatGPジョブトレは完全通所型の事業所だと言う点です。つまり、週4日以上通える必要があるということですね。

atGPジョブトレの事業所は現在のところ渋谷にあります。そのため渋谷周辺に住んでいないと利用することができません。

 

atGPジョブトレ渋谷事業所のアクセス
〒150-0044 東京都渋谷区円山町13番16号BNKビル2階
【最寄り駅】
・JR「渋谷」駅 徒歩10分
・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷」駅 3a口 徒歩6分
・東急東横線・田園都市線「渋谷」駅 3a口 徒歩6分
・京王井の頭線「渋谷」駅 徒歩8分
・京王井の頭線「神泉」駅 徒歩3分


現在は1拠点のみですが、2019年冬には秋葉原でも事業所が開設される予定となっていますから、これまでよりも利用しやすくなると思います。

 

▼atGPジョブトレIT・Webの詳細はコチラ▼


-サービス