アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

食べ物

アンパンマンのソフトせんべいが添加物少な目で大人にも良いよ!

お菓子はおいしいですが、添加物を気にしてしまう人も多いと思います。我が家もそのタイプでコンビニやスーパーでおいしそうなお菓子を見かけても裏の原材料を見たら棚に戻すこともしばしばです。

そうしている内に行きついたのが赤ちゃん用のお菓子です。乳幼児向けのお菓子だと味は薄いのですが、大人向けの商品に比べて添加物が少なめで気をつかったものが多い印象があります。

だから、お菓子が欲しい時に乳幼児向けのお菓子を買うことがあるのです。ちなみに我が家は夫婦2人暮らしで子供はいないのですが…。つまり、大人2人で乳幼児向けのお菓子を食べているわけですね(笑)

そんな中、最近のヒットが栗山米菓さんの「アンパンマンのソフトせんべい」です。ハッピーターンみたいでおいしいんです、これが!

 

▼アンパンマンのソフトせんべいの購入はコチラ▼

 

アンパンマンのソフトせんべいの口コミをチェックした

我が家では好評なアンパンマンのソフトせんべいですが、一般受けはどうなんだろうとちょっと気になりました。そこで販売サイトの口コミ情報をチェックしてみることにしましたよ。

 

 

甘い塩味がやみつきになりそうです!アンパンマンと仲間達美味♪

 

少ないですが、やっぱり評判はいいようでした。そして同じ栗山米菓の乳幼児向けシリーズで大人も好きで食べているという口コミもありました。

乳幼児向けのお菓子を大人が食べているのは我が家だけじゃないみたいでほっとしましたよ(笑)

アンパンマンのソフトせんべいの購入はコチラから

 

添加物控えめなのが良い

アンパンマンのソフトせんべいは原材料をみても入っているものが少ないのが気に入っている理由の一つです。

 

アンパンマンのソフトせんべいの原材料
うるち米(国産)、植物油脂、でん粉、砂糖、粉末しょう油(小麦・大豆を含む)、フラクトオリゴ糖、食塩

 

多くのお菓子は原材料名の欄にはびっしりと記載されています。勝手なイメージですが、材料が少なくてすむだろうと思いがちなポテトチップスのうすしお味でさえ、パッケージの裏を見てください。かなりの原材料が使われています。むしろコンソメ味の方が少ないぐらいです。

以前、ガンの闘病中だという方のお話を聞いたことがありますが、ガンになって以前より食事のことを気にするようになったそうです。でも、食品添加物の種類はあまりにも多いので一個一個勉強していられないとも言っていました。

その結果、編み出したのがスーパーやコンビニで食べ物を購入する時に原材料名をチェックする方法だそうです。と言っても何が入っているのか厳密にチェックするのではなく、原材料名が少ない商品を買うようにしているそうです。

原材料が少ないものが必ずしもいいものとは限りませんが、質のよい商品は原材料が少ないことが多いのでそうしているということでした。

アンパンマンのソフトせんべいも原材料が7種類とかなり少ないですし、気になる添加物名もないので良さそうだなと思って購入しています。

アンパンマンのソフトせんべいの購入はコチラから

 

気になる原材料名についてもきちんと告知している潔さ

原材料の数が少ないアンパンマンのソフトせんべいですが、中には「植物油脂」や「でん粉」とザックリ書いてあって具体的にはよく分からない記載もありました。

それが気になる人もいるかもしれませんね。何だかふんわり書くことでごまかしているんじゃないかと思ってしまいますから。

そこで栗山米菓のホームページを調べてみるときちんと植物油脂とでん粉についての記載がありました。

まず、「植物油脂」の原料は、なたね油やとうもろこし油、米油を混合させて使っていて全体のほとんど(98%)がなたね油だと言うことです。「でん粉」については原料がとうもろこし、じゃがいもと言うことです。

アンパンマンのソフトせんべいは我が家のように大人が食べることもありますが、やっぱり主に食べるのは2歳以上のお子さんですから安全面に関しては親御さんもきちんと知りたいと思います。だから、情報を公開している栗山米菓の姿勢は好感が持てますね。

アンパンマンのソフトせんべいの購入はコチラから

 

アンパンマンのソフトせんべい、味の決め手はオリゴ糖

お菓子だけでなく食品の味つけとして化学調味料(アミノ酸と記載されていることもあります)が入っていることがかなりあります。化学調味料は安く安定して味つけできるかもしれませんが、不自然に感じる事もよくあります。

また、小さい頃は舌もまだ未成熟ですからできるだけ化学調味料を避けたいと考える親御さんも多いと思います。

そのため、アンパンマンのソフトせんべいには原材料を見てもらえば分かりますが化学調味料が入っていません。味つけは粉末しょう油とフラクトオリゴ糖でされているようです。

フラクトオリゴ糖はカロリーが低めで虫歯になりにくいので子供向けの商品でよく見かけますね。

化学調味料無添加なのも我が家が気に入っている理由の一つですが、飽きがこないのもそのおかげかもしれませんね。

アンパンマンのソフトせんべいの購入はコチラから

 

【個人的レビュー】最近パウダー増えました?

アンパンマンのソフトせんべいの肝心の味ですが、よく食べていることからも分かるように大人が食べてもおいしいと思います。

ソフトせんべいだから歯ざわりが軽く小さなお子さんでも問題なく食べられそうです。大人ならペロッと食べられますが、少し小さめ割ってあげた方がお子さんには食べやすいかもしれませんね。

味つけはよくある感じで「甘口しょうゆ味」というそうです。個人的にはハッ〇ーターンの硬さを柔らかくして、味つけも優しくしたイメージです。一度食べたらやめられない止まらない系の味ですね(笑)

そして、つい先日食べた時に思ったのですが、せんべいの外側についているパウダーが多めになったような気がします。ハッピー〇ーンもパウダー増量タイプを販売していますが、それを意識しているのかなっていう感じです。

ちなみに発売元である栗山米菓はハ〇ピーターンと並ぶ米菓のブランド「ばかうけ」も作っています。その辺もバチバチ意識しているんじゃないかと個人的に勝手に妄想しています。

いずれにしてもアンパンマンのソフトせんべいは小さなお子さん向けのおやつだからと言ってあぐらをかいているわけではなく常に進化し続けるために改良を繰り返していることは間違いなさそうですね。

 

▼アンパンマンのソフトせんべいの購入はコチラ▼

 

-食べ物