アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ビジネス

AI-CON登記なら株式会社の登記変更が激安【最安3,000円~】

友人が法人を設立したいと言っていたのですが、やっぱりネックになるのが登記費用です。数十万円かかる登記にかかるコストを抑えたいので安くならないかなと思っていたら、最近こんなサービスを見つけました。

それが「AI-CON登記」です。株式会社の新設時には対応していませんが、登記内容の変更申請が安く抑えられるのがメリットです。

法人の本社や代表取締役が引っ越す際には必要となる登記変更が安くなるだけでもかなりいいですよね。

AI-CON登記の詳細はコチラから

 

AI-CON登記の料金と支払い方法

AI-CON登記は現時点(2019年12月)ですべての登記変更に対応しているわけではありませんが、本店移転や代表取締役の住所変更など主なものには対応しています。対応内容と一番気になる料金をご紹介します。

 

変更内容 料金(税別)
本店移転 10,000円
新任(役員変更)※ 10,000円
辞任(役員変更)※ 10,000円
代表取締役の住所変更 3,000円
募集株式の発行 10,000円
商号変更 10,000円
目的変更 10,000円
株式分割 10,000円

※取締役と代表取締役のみ対応可能

 

上記のようにAI-CON登記であれば登記内容の変更にかかる費用は安いだけでなく、現在の登記情報が無料で取得できるのもメリットです。※通常は法務局で有料です。

パソコンの画面上で操作できるので最短で15分もあれば登記変更の書類を作成することができるので億劫な作業がスムーズにできます。

 

支払い方法はクレジットカードのみ

最近支払い方法はQRコード決済を始め様々な種類がありますが、AI-CON登記の場合はクレジットカードのみ対応しています。だから、法人クレジットカードが必要になる点には注意が必要です。法人カードを持っていない会社も結構ありますからね。

また、請求書や領収書の発行も行っていませんが、メールやカードの利用明細で確認することになります。

AI-CON登記の詳細はコチラから

 

AI-CON登記は本当に安いのか?

個人的にはAI-CON登記を使えば登記変更がかなり安くできると思っていますが、実は知らないだけで本当はそんなに安くないんじゃない?そう思っているかもしれません。

実際に比較してみると以下の通りとなります。

 

 

まず、一般的なのが専門家である司法書士に依頼することです。この場合にかかる費用は関東地区での本店移転であれば平均47,466円です。当然変更内容が変われば報酬単価も違ってきます。

それに比べてAI-CON登記だと10,000円(税別)で済むわけです。コストが4分の1以下に抑えられるわけですね。会社の規模ある程度大きければ気にならないかもしれませんが、起業直後であれば少しでも経費は抑えたいものですから便利に使えるのではないでしょうか。

 

自分で書類を書ければ0円だけど…

本当は上の画像で言えば真ん中にある自力で登記内容を変更するのが一番安く済むわけです。作成費用がゼロ円になるわけですからね。

でも、ここには見えないコストがあるのを忘れがちです。多くの場合、登記内容を変更する方法を熟知していないものです。知識ゼロから専門書を読んだりネット検索をして作業をする時間が必要になります。

これって時給換算してみたら意外とバカにならないものです。登記内容の変更って分かりにくくしてあるように思えて仕方ないのですが、それを全く知らない状態から理解するのは大変ですし、正しく書類が書けている保証はありません。

タイムイズマネーと言う言葉があるように法人を立ち上げたばかりであればメインの業務に集中して軌道に乗せたいものですよね。

だったら、AI-CON登記のような便利なサービスを利用する方が賢いと言えるかもしれませんね。

AI-CON登記の詳細はコチラから

 

AI-CON登記の口コミ・評判

 

AI-CON登記を使えば登記変更は安くできることが分かったものの、実際に利用価値があるのかどうかスムーズに利用できるのかどうかも気になるところだと思います。

そこで既にAI-CON登記を利用している会社の口コミ情報をご紹介します。参考になると思うのでぜひご覧ください。

 

 

特に考えずに、指示に従って入力するだけで申請できました。登記申請という目的を果たす上では必要十分だと思います。

弊社のような(社会人経験のない)学生スタートアップは、何をしたら登記が必要かもわかりませんしビジネス的に不慣れなことも多いので、AI-CON登記のようなサービスがあると非常に助かりますね。

入力するだけで登記書類が作成できるということも大きいですが、やはり5,000円(2019年4月当時、現在は税別10,000円)という価格が一番でしたね。とにかく安くしたかったので、レターパックのオプションも使わず自分で印刷、押印しました。
【増資で利用しての口コミ】


 

(当たり前ですが)まず、会社の移転の登記を安価に実施できました。

加えて「登記はどうすればいいのかわからない」という状況が解消できたという効果がありました。

「会社の住所を変更しましょう」となったときに、普通なら税理士などを通じてお願いすればいいと思いますが、余裕がない場合はそこから自分で依頼先を探し、見積もりもらって比較しなければなりません。

どれだけ費用がかかるのか、どんな流れでやればいいのかがわからない。

司法書士事務所が提供するパッケージプランもあるのですが、それでもどこにすればいいのかわからないというのことが課題だったと思います。

AI-CON登記のようなサービスがあれば登記内容を入力して申請するだけなので、事前の知識がなくてもできるのは良いです。

今後も登記が必要そうな場面になった際も、UIもわかりやすいので、一番早くて一番安そうな、AI-CON登記で検索をしようという意識になっています。
【本店移転で利用しての口コミ】


 

導入前にAI-CON登記のホームページを見たときに必要書類が自動生成されると書いてあるのを見て、本当なら便利だけど正直不安な気持ちもありました。

でも実際に作業を進め、必要事項を入力し、決済ボタンを押した瞬間に不安は一気に吹き飛びました。本当に自動反映されるんだ、という感じでしたね。

データの自動反映、決済で即書類作成完了、マニュアルが出る、このスリーステップで本当に便利だと感じましたし、信頼度がアップしました。しっかりサポートして頂けたのも満足度に繋がりました。

これまでは登記という名前を聞いただけで難しそう、面倒くさそうと尻込みしてしまう人が多かったのではないのかなと感じます。

従来は高額な費用を払って専門家にお願いするか、自分で1から勉強するしかなかったと思いますが、AI-CON登記は安価で利用でき、学習コストもかからないので全ての面でメリットがあるので本当におすすめ出来ます。
【本店移転で利用しての口コミ】


 

ウェブサイトにわかりやすい説明が載っていたので、ゴールまでのイメージがつきやすくスムーズに作業を進められました。

一番便利だと感じたのは現在の登記簿を自動で取得し、書類作成の画面に反映できる機能です。会社の基本情報などの入力の手間が省けたので非常に便利な機能だと感じました。

ウェブサイト上でこの機能についてもっとアピールした方がよいのではないかなと思うくらい便利でした。

一番違うと感じた点はいうまでもなく楽だという点です。さきほども話しましたが、一度自分で登記申請したことがあるので、どれくらい時間が掛かるかある程度は把握していました。

恐らく自分で書類を作成して申請していたとしたら、AI-CON登記さんを利用するよりも5倍以上の時間が必要だったと思います。

登記申請を経験したことが無い人でしたらさらに時間が掛かると思いますので、登記に対して知識のない人、時間のない人には本当にお勧めです。
【代表取締役の住所変更で利用しての口コミ】


※口コミ情報は公式サイトから引用しました。

 

利用しているお客様はやはり本店移転の際に利用しているという印象でした。事業をしていく上で引っ越しはしますから、その都度登記変更をしないといけないのは手間ですからね。

かと言って、毎月引っ越すほどの頻度でもないから登記変更の仕方を忘れてしまうこともあります。そんな時にはやっぱり安価でできるのは便利ですね。

そして、利用前の不安と利用した時の便利さのギャップが結構あるのも印象てきでした。日常的に仕事でパソコンを使っているのであれば十分スムーズに操作できるようです。

AI-CON登記の詳細はコチラから

 

もしもの時も安心返金保証つき

口コミでも分かるように誰しもAI-CON登記利用前は「これで本当に大丈夫?」と不安に感じるようです。そして、その不安は登記変更が完了するまで続くと思います。

安いとは言え、10,000円ぐらいのお金がかかる訳ですから、起業当初や軌道に乗っていない会社にとっては惜しいお金であることは確かです。

そこでAI-CON登記には返金保証がついています。もし、AI-CON登記を利用して作成した書類を法務局に提出しても訂正しなければいけなかった場合や受理されなかった場合は料金を全額返金してくれます。

これだったらもしもの時でもお金をドブに捨てるということにはならないから安心ですよね。

 

返金対象にならない株式会社もある

AI-CON登記は基本的に株式会社に利用してもらうサービスなのですが、特に中小企業やベンチャー企業に安価に登記変更をしてもらうことを想定したサービスとなっています。

そのため、以下に該当するような企業の場合はAI-CON登記を利用しても正しく書類を作成できない可能性があるため、返金対象にならないのであらかじめご注意ください。

 

返金保証の対象外となる企業
●公開会社
●種類株式発行会社
●単元株式数を設定している会社
●監査等委員会設置会社
●指名委員会等設置会社
●株式会社以外の会社・法人(特例有限会社含む)

 

上記に該当する企業に関しては残念ながらAI-CON登記の利用は向いていませんから別の方法での登記内容変更が必要となります。

AI-CON登記の詳細はコチラから

 

AI-CON登記の仕組みと利用方法

AI-CON登記は登記の変更に必要な情報をネット上にアップロードして、そのまま画面上で情報を入力するだけで法務局に提出の際に必要な書類を自動作成してくれる仕組みになっています。

だから、できたデータを印刷して、印鑑を押したら法務局に提出するだけで登記内容の変更ができます。※印紙代は別途必要になります。

増資や本店移転といった登記内容を変更する際に発生する面倒な書類作成事務やコストが大幅に減らせるのが最大のメリットと言えます。

 

AI-CON登記の利用方法

AI-CON登記に無料アカウント登録をしたらまずは登記情報(無料で取得できます)を取得します。

このデータをアップロードすることで画面上に御社の会社情報が反映されます。

次に変更したい登記の内容に応じて、本店の移転先や代表取締役の引っ越し先などの必要事項を入力していきます。ガイドがありますからあらかじめ必要な情報を控えておけばスムーズに操作できると思います。

後はできた書類をダウンロードして、印鑑と収入印紙を貼ったら法務局に提出可能です。直接持って行ってもいいですし、郵送してもOKです。

内容によっては15分もあれば完成するのでギリギリのタイミングでも間に合いそうなのがいいですね。

 

▼AI-CON登記の詳細はコチラ▼


-ビジネス