アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

休息グッズ

AHCセンシティブの口コミと成分・パッチテスト済みがうれしい

汗が気になっている人多いですよね。夏は特に何もしないでもダラダラと出てきますが、意外と油断しがちなのが冬です。室内によっては暖房がガンガン効いている上に厚着しているので汗をかくケースがあります。

汗自体は体にとって必要な機能ですが、周りからみるとそれは知ったこっちゃありません。清潔眼がないようにみられてしまうのはしかたのない事です。

だったが、スイス生まれの塗るタイプの制汗剤「AHCセンシティブ」がいいですね。

 

AHCセンシティブの口コミ・評判

AHCセンシティブの公式サイトにはたくさんの口コミ情報が寄せられています。裏を返せばそれだけ、汗やニオイに悩んでいる人が多いということになります。

購入きっかけや使い心地など感じる部分は人それぞれだと思いますが参考になると思い、口コミのいくつかを公式サイトから引用しましたのでご覧ください。

 

 

僕は脇と足にたくさん汗をかきます。新しい靴を買ってもすぐ臭くなるし、仕事でお客様の対応をしてる時は脇の臭いも気になるし、帰宅すると家族に臭いからとお風呂に直行するように言われるし。

風呂でしっかり洗っても、まだ足の臭いは残ってる。靴下は洗濯してもまだ臭い。男とはいえやっぱり嫌で、ネットで探して見つけたのがこのAHC。

本当に汗が止まるから驚きました。家族は臭わなくなったと喜んでいます。仕事でも自分が臭っていないか気にしなくて良くなったので、とても気が楽になりました。本当にありがとう!


 

脇の汗や臭いで悩んでる人はぜひ一度試してほしいです!その効果は感動もので、「制汗剤」と言ってもよくある制汗剤とは全く違う代物でした!汗がピタッと止まるんです!

他の部分は汗をかいても、AHCを使った箇所だけはサラサラ。週に1回塗るだけで制汗力がずっと持続します。おかげで長年の悩みだった脇汗と臭いがウソのように解消されました。


 

もっと早く出会いたかった。
脇の多汗症でずっと悩んでました。脇の汗じみは当たり前、どーにもならないと思っていました。暑く感じなくても脇からは汗が涙のようにポロポロ出て来るのです。

最近は特にひどく、前から考えていた手術しかないかと、腹をくくろうと考えていたとき、こちらの商品を知りました。

ダメ元で、全く期待してなかったのですが、sampleが届き、寝る前に、わきにトントンとつけるだけで、翌日からほとんど汗がでなかったのです。ですから、直ぐに注文しました!!こんなに脇がサラサラで、気分は爽快です。

こんなにひどい症状の私でさえ効いたので、悩んでる方はぜひオススメです!本当にありがとうございました。


 

私は冷え性で、暑いと感じていなくても汗をかきます。

友人に薦められて使い始めたAHCは本当にびっくりするぐらい効果があり、手放せない商品となってしまいました。使い始めは私も少しピリピリして大丈夫かな?私の肌には合ってないのかなと思いましたが、それも束の間の心配でした。

さらに、週1回の使用で、しかも数滴でいいので長く持ちます。常にスプレーやデオドラントを持ち歩く必要もなくなりました。

これまでは特に、高めの洋服を着る場合はシミになるのが嫌で「汗をかくかもしれな いかどうか」を考慮して洋服選びをしていましたが、これからはその心配は皆無のようです。薦めてくれた友人に感謝!です。

 

口コミ一つひとつが長いことからも分かるようにそれだけ悩みが切実なんだと感じました。また、他社製品でなかなか思うようにならなかったジプシーさんも多くいるんですね。

個人の感想なので参考程度になりますが、AHCセンシティブとの出会いに感謝している人が結構いるんだなと感じました。

 

▼スイス生まれの制汗剤「AHCセンシティブ」の購入はコチラ▼


 

ハーブ由来の植物エキス配合で優しい処方

汗やニオイを抑えるだけなら成分を大量に入れて配合するのが一番です。でも、それだと汗は抑えられるかもしれませんが、体への影響が心配です。

制汗剤に限らず、成分がキツイ化粧品で肌があれてしまう人も多いですから、何を配合するかはとても重要です。その点、AHCセンシティブは体への影響も考慮しハーブから抽出した植物エキスを配合しているので安心です。

 

AHCセンシティブに配合のハーブ

ハーブは昔から民間で使われてきた植物でハーブティーはもちろん、スパイスやアロマなど様々な用途で日常使いされてきたものです。AHCセンシティブには中でもオールドマンズビアード、クローブ、セージ、ヘラオオバコ、甘草の根の5種類を配合しています。

 

ハーブの名前 期待される成分
オールドマンズベアード 細菌の増殖を阻害します。
クローブ 殺菌、消毒、炎症を抑えます。
セイジ 殺菌、汗を抑えます。
ヘラオオバコ お肌の炎症性変化に有効です。
甘草の根 殺菌効果があります。

 

パッチテストも実施

いくら植物エキスであっても本当に大丈夫なのか気にする人もいますよね。安全性かは実際のところ分からないものですからね。

そこでAHCセンシティブはパッチテストを実施して安全性を確認しています。被験者30人に対してAHCセンシティブをぬって48時間後の反応を見た結果、すべてにおいて皮ふの変化は確認されませんでした。

何日間もぬりっぱなしにするものですから、きちんとパッチテストまでしてあるのは信頼できるポイントですね。

AHCセンシティブの購入はこちらから

 

ニオイの原因は様々だけど、メカニズムは一緒

ニオイの根本原因は残念ながら1つではありません。例えばストレスや食べ物は代表的な原因として挙げられますが、他にも服が原因のケースや生活習慣が原因の場合もあります。だから、どこからとりかかっていいのか困ってしまいます。

でも、ニオイのメカニズム自体は分かっていて汗腺の近くにいる老廃物(皮脂、脂質など)や皮ふの表面にいる細菌です。これらが汗と混ざることで反応が起こったり、酸化することでニオイが発生します。

つまり、汗がでてから臭うようになるわけですから、汗が出る場所に塗る制汗剤がおススメなわけです。

 

様々な部位に使える

AHCセンシティブは汗が出やすい額やわきだけでなく、首や胸、腕、お腹、背中、お尻など様々な部位に使えるのが特徴です。

汗は上記の場所だけでなく手や足にかくこともありますが、軽い手の汗や軽い足の汗でも塗ることができるのでオールマイティに活躍できますね。

AHCセンシティブの購入はこちらから

 

夜寝る前に塗るだけだから使い方ラクチン

制汗剤って、塗るタイプとスプレータイプがありますよね。スプレータイプは手軽だけど、意外と長持ちしないから一日に何度もスプレーするという手間があります。

塗るタイプは長持ちする代わりに、正直使うのが手間で面倒というイメージがあります。大体使うのは朝の忙しい時間ですから、ついスプレータイプを手に取りがちです。

でも、AHCセンシティブは使うタイミングが他社の商品とは違います。使い方は寝る前に汗が気になる部分に塗るだけ。塗る時はAHCセンシティブ少量をコットンなどにしみこませてからつかいます。

後はそのまま寝るだけでOK。翌朝は何もすることなく普通に生活すればOKです。このサイクルは汗が収まったらいったん使用を控えるのがポイントです。数日間は使えるのでそのまま何もしないですむ生活になりますね。

もちろん、また汗がでるようになったら夜寝る前にAHCセンシティブをすればいいので、朝の忙しい時間を使わないで済むのは実は使い続けるためいは重要なメリットですね。

AHCセンシティブの購入はこちらから

 

ニオイのことは誰にも言わないし言ってくれない

冒頭に書いたように汗自体は体温調整などを行うため、体にとって必要な機能ですが、問題はニオイです。本来は汗は無臭なのですが汗腺や体の表面にある菌や老廃物のニオイが元になっていると言われています。

夏になると毎日のように汗をかきますが、その時ニオイもしていることに気づくと思います。でも、嗅覚ってすぐにマヒしますよね。特に自分のニオイはずーっとかいでいるわけですからあまり臭いと感じない。

だから、自分はあまり臭くないと考えることもできます。以前、勤めていた会社ではそんな感じの人がいました。近づくと獣のようなニオイがしましたが、本人は特にケアをしている様子はありませんでした。

たまにひどい時は鼻で息をしないで近くにいることもあるぐらいでしたが、私はその同僚にニオイのことを指摘したことはありませんでした。周りの人も指摘した様子を見たことがありません。

また、夏にシャツが汗でびっしょりになっている時、自分でもうっすらと臭っていると感じることがあっても、人と話す時には誰からもニオイについて指摘されたことがありません。むしろこちらが気になった少し距離をとるぐらいのものです。

ニオイのことを指摘する人はほとんどいないと言うアンケート結果をみたことがあります。その結果では9割ぐらいの人がニオイについて指摘しないということでした。でも、基本的にニオイには気づいているということでした。

つまり、ニオイについては敏感な問題なので誰にも言わないし誰からも言われることがないということです。だから、自分で率先してケアしていかないといけないということですね。

 

▼スイス生まれの制汗剤「AHCセンシティブ」の購入はコチラ▼


-休息グッズ