アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ビジネス

エージェントサーナの評判と利用者が就職・転職できた会社について

障がいを持っている人でも健常者でも同じ土俵で仕事ができるはず。そう思って就職活動や転職活動に臨んでもうまくいかないのが現実です。

多くの企業が求人を出すハローワークや就職サイトはどうしても健常者向けの情報が集まりがちですし、企業側も受け入れ態勢ができていないことが多いですから仕方のないことかもしれません。

だから、もしあなたが障害をもっていて就職や転職を考えているのなら、やはり専門の情報サイトの方が効率的に活動することができるのではないでしょうか。

すでに障がい者向けの就職サイトはいくつかありますが、「エージェントサーナ」は就職場所を関東圏と関西圏に絞っている分、より濃い情報を得ることができる無料情報サイトです。

 

エージェントサーナの口コミ・評判

エージェントサーナは障がい者の就職支援をサポートしてすでに26年以上の実績があります。その間に1,000人以上の障がい者が新しい会社への就職を果たしています。とは言え、転職エージェントというものに不安はつきものです。

そこでエージェントサーナを利用して転職できた人の口コミ情報を引用してきたのでご紹介したいと思います。公式サイトからの引用となりますが参考になりますからぜひご覧ください。

 

 

【障がい内容】精神障がい 3等級
思うような企業と出合えずにいたため、エージェント・サーナに登録し、本格的に活動を始めました。

キャリア・アドバイザーとの面談では、英語を使う仕事をしたいと伝えました。英語の勉強をしてきた経験を生かしたかったからです。

すると、面談で話した内容をしっかりと汲み取っていただき、希望に合う外資系の企業を提案していただきました。提案してくださる企業数や提案力には驚くばかりでした。

しかし、外資系の企業の雰囲気や考え方が自分に合わないと感じるようになり、転職先の軸を変えることにしました。その際にも、アドバイザーが長い時間、親身に話を聞いてくださり相談に乗ってくださったことがとても印象に残っています。

それから、改めて企業を提案していただき、現在勤務する企業と出合うことができました。


 

【障がい内容】精神障がい 3等級
一人で転職活動を進めるよりも、キャリア・アドバイザーと協力しながら進めようと、インターネットで知ったエージェント・サーナに登録しました。

面談で初めてお会いしたアドバイザーは、きびきびしていて非常に頼もしい印象を受けました。これまでの経験が生かせるように保険関係の企業での事務職を第一に希望しましたが、残業への配慮があり、できる限り通勤しやすい場所で働けるなら、特に業界にはこだわりませんでした。

アドバイザーは、私の適性考え、いくつかの会社をピックアップしていただきました。その中には、これまで全く考えていなかった業界などもあり、お陰で自分の可能性や幅を広げることができました。

結果、今回ほぼ希望通りの条件の会社から内定をいただくことができました。


 

【障がい内容】身体障がい(上下肢障がい)2等級
転職活動のきっかけは早期定年退職制度を利用して、前職を辞めたことでした。 前職では60歳の定年までしか働くことができないため、家族と相談をしたうえで54歳のうちに退職をしてあと10年働くことができる会社を探すことを決断しました。

そして、3月に退職をしてから、以前も利用させていただいたAgentSanaに再度登録をしました。

今回の面談では、「10年は働けること」「働ければどこでも良い」という希望を出したところ、キャリアアドバイザーからは「長く働くことができるだけでなく、安心して働くことができる企業を選択しましょう」とアドバイスをいただきました。

正直、この年齢からの転職活動での希望だったので、たくさんの迷いがありましたが、この一言で自分の方向性が決まりました。 担当キャリアアドバイザーは、はっきりとした方で明確なアドバイスをいただき、すばらしかったと感じています。


 

【障がい内容】身体障がい(腎臓障がい)1等級
エージェント・サーナは以前にも利用していました。その際、他のエージェントでは、なかなか会社を紹介していただけずに困っていたところ、エージェント・サーナはすぐに提案してくださり、実際にその会社に就職しました。

そのスピード感や親切に対応していただけたことを覚えていたので、今回も相談しました。

面談では、とりわけ転職先の希望がなかったり、自身の年齢が気になる中、キャリア・アドバイザーが一生懸命に会社を探してくださったことが嬉しかったです。

親身に話を聞いてくださり、年齢を気にする必要がないことも教えていただけたので、安心して活動することができました。

 

口コミ情報を見ていて印象的だったのはキャリアアドバイザーとの面談を行うことで効率的に希望の転職先を見つけていることです。面談が面倒で自分で探す人も多いですが、やはり情報量ではエージェントの方が上です。

そして、若いだけでなく50代で障がいを持っていても転職できるという実績は大いに勇気づけられるものだなと感じましたね。

 

▼エージェントサーナ(AgentSana)の無料会員登録はコチラ▼


どんな会社に就職できるか気になりますか?

エージェントサーナを利用してどんな会社に就職できるか気になるかもしれません。そこで、可能な限り就職実績のある企業を調べてみました。

 

エージェントサーナからの就職・転職実績企業(一部)

株式会社IHI(IHI)
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)
ソフトバンク株式会社
株式会社りそな銀行
電源開発株式会社(JPOWER)
三井住友海上火災保険株式会社
オルビス株式会社
ノバルティスファーマ株式会社
東京エレクトロン株式会社
株式会社日本政策金融公庫
キャノン株式会社
NECネッツエスアイ株式会社
理想科学工業株式会社
リクルートオフィスサポート株式会社
三井住友信託銀行株式会社
東京センチュリー株式会社
旭化成メディカル株式会社
株式会社オービックビジネス
日本貿易振興機構(ジェトロ)
サカタインクス株式会社
三菱UFJニコス株式会社
日本ライフライン株式会社
株式会社セブン・フィナンシャルサービス
ネットワンシステムズ株式会社
住友不動産販売株式会社
日本ファシリティ・ソリューション株式会社
株式会社エス・エム・エスキャリア
株式会社東栄住宅
スワロフスキージャパン株式会社
伊藤忠丸紅テクノスチール株式会社
全国銀行協会
株式会社損害保険ジャパン
株式会社KSK
株式会社マザアス
日立住友重機械建機クレーン株式会社
リシュモンジャパン株式会社
住商メタレックス株式会社
トーソー株式会社
みずほ証券株式会社
株式会社日本政策投資銀行
サントリービジネスエキスパート株式会社
千代田化工建設株式会社
日興システムソリューションズ株式会社
株式会社ベルーナ
ソニービジネスソリューション株式会社
セントラル硝子株式会社
イオンクレジットサービス株式会社
野村不動産パートナーズ株式会社
イオンバイク株式会社
株式会社デジタルガレージ
岩崎通信機株式会社
ジョーンズ ラング ラサール株式会社
JR東海 (東海旅客鉄道株式会社)
ソフトバンクテレコム株式会社
株式会社サイバー・コミュニケーションズ
株式会社ティージー情報ネットワーク
清水総合開発株式会社
みずほ情報総研株式会社
株式会社大塚商会
株式会社旭化成アビリティ
東京ガスライフバルE-Do株式会社
芙蓉総合リース株式会社
野村不動産株式会社
JX石油開発株式会社
富士フイルムグローバルグラフィックシステム
株式会社スリー・イー
TISソリューションリンク株式会社
株式会社日立ソフテック
株式会社日立フーズ&ロジスティクスシステムズ
埼玉りそな銀行
東京海上アシスタンス株式会社
キヤノンITソリューションズ株式会社
東急セキュリティ株式会社
株式会社セディナ
ソフトバンクモバイル株式会社
株式会社オービックビジネスコンサルタント
ネオアクシス株式会社
ヤンセンファーマ株式会社
アクセンチュア株式会社
東京グリーンシステムズ株式会社
岩谷産業株式会社
アンリツエンジニアリング株式会社
新日鉄住金マテリアルズ株式会社
パーク24株式会社
サントリーホールディングス株式会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
パーソル パナソニック HRパートナーズ株式会社
EAファーマ株式会社
国際石油開発帝石株式会社
キリンエンジニアリング株式会社
株式会社くすりの福太郎
キヤノンソフトウェア株式会社
昭和電工株式会社
ソニ-生命保険株式会社
三井不動産リアルティ株式会社
コムチュア株式会社
パレクセル・インターナショナル株式会社
株式会社エンプラス
株式会社日立ハイテクソリューションズ
株式会社フォーシーズ
株式会社ポーラファルマ
TOTO株式会社
アルコニックス株式会社
テクノUMG株式会社
株式会社読売情報開発
株式会社スペース
ANAウィングフェローズ・ヴィ王子株式会社
CCCマーケティング株式会社
理研ビタミン株式会社
全国農業協同組合
住友大阪セメント株式会社
日本食品化工株式会社
株式会社ミスミ
株式会社共同通信社
JSR株式会社
東レ・メディカル株式会社
日本電産株式会社
三菱電機株式会社
(順不同)

 

転職というと中小企業への採用をイメージしがちですが、実は誰もが知っている大企業やその子会社・関連会社、外資系企業などそうそうたる会社への採用実績がエージェントサーナにはあります。

これは障がい者を一定割合雇用しないといけない法律のおかげでもありますが、社員数が多くなる大企業ほど当然雇用する障がい者の人数も多くなります。さらに今後この雇用割合が増えるので実は障がい者の就職・転職には追い風になっています。

これらの企業に一般枠で就職しようと思ったら、かなりの倍率をくぐりぬけないと入ることはできないとても狭き門です。でも、障がい者枠を利用することで大きな企業に勤めたい希望をかなえやすくなっているわけですね。

また、大企業ほど障がい者枠での求人実績が多いですから、その分受け入れ態勢も整っていると言えます。だから、一度就職してすぐに辞めてしまうのではなく、長く勤めやすくなるというメリットもあります。

エージェントサーナ(AgentSana)の無料会員登録はコチラから

 

どんな職種に就けるのか【事務職以外にも】

その企業に採用されると当然、仕事をすることになりますが、どんな仕事内容(職種)なのかも会社選びの大きなポイントの一つになります。

エージェントサーナのホームページを見てみるとほとんどの場合「事務職」での採用となることが多いようで、他には「総務」「庶務」「経理」といった間接業務や「事務サポート」「営業サポート」といったサポート的な職種に就いている人もいます。

どうしても事務系や間接業務に偏りがちですが、必ずしてもそれだけでなく「デザイナー」として採用されたり、「システムエンジニア(SE)」「企画」「研究・開発」として働いている人もいます。

全職種が常に募集されているわけではありませんが、あなたの希望や適性に合わせた転職活動が可能なだけの求人があるのは就職を希望する人にとってはメリットですね。

エージェントサーナ(AgentSana)の無料会員登録はコチラから

 

自力での転職活動の限界

多くの人が就職や転職の際には自力で会社情報を探して応募していると思います。口コミにもあったようにそれでは効率が悪くなかなか希望にマッチする会社に行きあたらないことがあります。

やはり「餅は餅屋」と言いますが、エージェントサーナに在籍している経験や情報をたくさんもっているキャリアアドバイザーに相談する方がより効率的に希望の仕事を見つけることにつながるようです。

口コミ情報を見ているとキャリアアドバイザーとの直接面談を通じて、これまでとは全然違った業界(介護職→印刷業界)や職種(事務職→デザイナー)に就いている人がたくさんいました。

自分では気づかない適正をきちんと見極めてくれて、これまで培ってきたスキルや希望に合う求人企業をマッチングしてくれています。

応募する際にも申請書類の書き方や面接時のアドバイス、スケジュール調整まで寄り添ったサポートをしてくれるのもエージェントサーナの特徴です。

転職をする場合、前職と様々な理由で合わなかったというケースがほとんどです。そのような状態で次の勤め先を探すのは気持ち的にも落ち込みがちです。一人で無理やり探すのではなく、キャリアアドバイザーに相談するのも一つの方法ですね。

エージェントサーナ(AgentSana)の無料会員登録はコチラから

 

エージェントサーナを利用する際の流れ

エージェントサーナを利用する際には何はなくとも無料会員登録から始まります。

無料登録の際に必要な情報は「名前」や「電話番号」、「メールアドレス」といった連絡を取るために必要な情報と「障がいの種類・等級」や「生年月日」といった募集内容を絞り込むために必要な情報となります。

住所を入力する必要はありませんが、掲載している企業の所在地から関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県)と関西圏(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県)に住んでいる人が対象のサービスとなります。

無料会員登録を行ったら事務局からメールや電話でキャリアカウンセリング(面談)の案内が来ますから、予約の上カウンセラーと直接面談します。ちなみに面談は平日の夜や土曜日でも行っていますから、平日は仕事をしている人でも対応可能です。

キャリアカウンセリングの結果ヒアリングできた希望条件に合う求人情報を事務局から提供してもらえます。もちろんエージェントサーナのサイトから自分で検索することも可能です。

希望の会社が見つかっていざ面接となると、その当日はエージェントサーナのスタッフが面接会場まで案内してくれますし、アドバイスもしてもらえます。一人じゃないだけでも心強いですね。

面接の結果、採用が決まってからは入社日の調整などの事務的な手続きもアドバイザーがサポートしてくれますからスムーズに入社までの段取りを組むことができます。

一度無料登録をしたら、エージェントサーナからサポートを受ける事ができます。ということは、無料登録が最初にしなければいけないことになりますが、もしかすると一番大きなハードルになるかもしれませんね。

何事も最初の一歩が一番エネルギーが必要だったりしますから、新しい仕事に向けて、思い切った一歩を踏み出すことが大切ですね。

 

▼エージェントサーナ(AgentSana)の無料会員登録はコチラ▼


-ビジネス