アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

エクササイズ

ライザップの3d shaperは他社のEMSとここが違う!

腹筋に憧れる人は多いと思います。これは男性だけでなく女性でもシックスパックになりたいと腹筋やトレーニングに励んでいる人は結構いるようですね。

でも、トレーニングはいつも三日坊主で終わってしまう。ジムに入会したのにいつもお風呂とサウナだけを使っているという人が多いのも事実です。特に元々運動が苦手と言う人にとっては筋トレを続けることのハードルは高いですよね。

そんな時に便利なのがEMS製品です。EMS製品は既にたくさんの種類が販売されていますが、結果にコミットするでおなじみのライザップが販売しているのが「3DShaper」です。

EMS製品としてはかなりの後発になるのですが、他社のEMS製品と何がどう違うのか調べてみました。

 

ライザップ 3D Shaperはココが違う!

まず、EMSと言うと腹筋にばかり目が行きがちなので多くの製品が腹筋に装着することを前提にした商品になっています。3D Shaperももちろん腹筋のエクササイズを目的にしていますが、それだけではありません。

3D Shaperはシリーズになっていて「3D Core」と「3D Spot」の2種類で構成されています。

それぞれのEMSは装着する場所が違います。まず、3D CoreはおなじみのウエストにつけるEMSです。

そして、3D Spotはパーツへの刺激を与えることを目的にしていて、二の腕や太もも、ふくらはぎなどの肌を露出する機会が多く、ボディメイクに関心の集まりやすい部分にピンポイントで刺激を与えることができます。

 

 

3D Coreと3D Spotはそれぞれ単品でも購入することができますが、全身のボディメイクを考えたら、より効率的に行うためにも3D Coreと3D Spot(2個)がセットになったベーシックセットの購入がオススメです。

ライザップ 3D Shaperの詳細はコチラから

 

3D Coreは立体的な腹筋を刺激

3D Coreが他社のEMS製品と大きく違うのがその形と言えます。パッドが8個もついているのが特徴的です。

腹筋は1種類の筋肉で構成されているわけではありません。前部分にある腹直筋だけでなくわき腹に向けては腹斜筋と言う筋肉もあります。

3D Coreは腹筋の各パーツにそってバランスよくパッドが配置されているので腹直筋にも腹斜筋にもまんべんなく刺激を与えることが可能です。特に真ん中部分にわき腹に向けて伸びているパッドはわき腹の腹斜筋にあたる形になっています。

つまり、女性が気になるくびれ部分にも刺激が行き届く仕組みになっています。

EMSが立体的な形になって、同時に刺激を与える上、ランダムな刺激になっているので筋肉への確実なアプローチが期待できます。

ライザップ 3D Shaperの詳細はコチラから

 

ライザップ 3DShaperの口コミ・評判

 

いくらしっかりとした仕組みになっていると言っても結局は実際問題使ってみてどうなのかが一番の関心だと思います。そこで既に購入した人の口コミ情報を探してきました。参考になると思いますのでぜひご覧ください。

 

 

自分に自信のなかった私が、今では変わった自分にテンションが上がりっぱなし!貼るだけで勝手に筋肉を動かしてくれるので、全然苦労がないんですよ。

今では「3D Shaper」は手放せないなって思っています。
(50代・女性)※口コミ情報は公式サイトから引用しました。


 

服を着ても気になっていたお腹がこんなに理想的になるなんて!

ご飯を作っている時など、他に何もできない時間帯を有効活用してお腹を鍛えられたので、毎日続けることができました。

「3D Shaper」のおかげで自信がつきました。
(20代・男性)※口コミ情報は公式サイトから引用しました。


 

使い続けて2週間。効いていると思います!ウエストは測っていませんが、お腹のポッコリ度がかわりました。まだ使い続けてみます!

使用は電池式でどこにでも行けるので楽。つけながら家事も問題なし。落ちることはありません。操作もシンプルで簡単です。
(30代・女性)※口コミ情報は楽天市場から引用しました。


 

仕事しながら、家事をしながらトレーニングができて助かっています。

以前はきつくてあきらめていたワンピースも似合うようになりました。「3D Shaper」が毎日の日課です。
(50代・女性)※口コミ情報は公式サイトから引用しました。

 

EMS自体は電気刺激で筋肉の動きが活発になること自体は科学的にも実証されていますが、やはり実際に購入している人の感想である口コミ情報は参考になると思います。

特にわざわざトレーニングの時間を作る必要もなく、仕事をしながら家事をしながらでOKというのは毎日忙しい人や小さいお子さんがいてジムに行ったり、家を空けることが難しい人にはピッタリです。

とは言え、一点注意点としてはライザップ3D Shaperだけに頼るのではなく、食事に気を使ったり、適度な運動も心がけることは必要だということです。ライザップ3D Shaperは何もしなくてもいいという免罪符にはなりませんからね。

ライザップ 3D Shaperの詳細はコチラから

 

ライザップ 3D Shaperの気になる口コミも公開

3D Shaperの口コミを探していると気になる書き込みもありました。公平な判断をするためにもそちらの口コミもご紹介します。

 

 

初めての使用で全く刺激を感じることが出来ず効果あるのかな?って思った。
上級モード・出力レベル12で使用してもこれで効果あるの?ってくらい動いてるだけ。
※口コミ情報はアマゾンから引用しました。

 

ただこの金額でボタン電池式!!
今時の充電式だと思ったらボタン電池
※口コミ情報はAmazonから引用しました。

 

「刺激の強さ」と「電池の方式」についての書き込みが目立ちました。これが低評価になっている口コミの代表と言えます。

まず「刺激の強さ」ですが、確かに弱いと感じる口コミがいくつかありましたが、刺激がちょうどいいという口コミも結構ありました。そのため、一概に刺激が弱いと評価を下すことはできません。

それに刺激の強さだけが重要なわけではないですし、特に3D Shaperの刺激がランダムに与えられるということも特徴の一つです。12段階の出力がありますが、その中でもランダムに強さや刺激の与え方が変化します。

また、電池の方式は充電式じゃないのかというガッカリした口コミでした。

でも、3D Shaperは厚さが約2.5mmとかなり薄くなっているので上に服を着ても目立たたないというメリットがあります。これはまさにボタン電池式にしているからこそ余分な部品が必要ないので開発できた薄さです。

そして同じ理由で軽い(3D Coreで約100g、3D Spotで約65g)ので装着したままでも動きやすいことも見逃せないポイントです。口コミを見ても3D Shaperを装着しながら仕事や家事をしている人が多いことからもコンパクトになっていることは重要です。

ライザップ 3D Shaperの詳細はコチラから

 

使う時に注意した方がいいと思うこと2つ

EMSはElectrical Muscle Stimulationを省略した名前で筋肉に電気刺激を与えて動かすことでエクササイズを行うための機器です。

20年ぐらい前には既に見かけた記憶がありますから結構長い間販売されているのですが、元々は低周波治療器として使われていたものがトレーニング効果があると言うことで普及したと言われています。

個人的な体験や知人の話から、3D Shperに限らずEMS機器を使う時に注意しておいた方が良い事をご紹介します。

 

1. 専用ジェルパッドは重要

3D Shaperは専用のジェルパッドを装着して使います。これはとても重要なことです。同じような仕組みをもつ低周波治療器を使っていた時にパッドを変えるのが面倒でそのままにしていたら、使う時に刺激の当たり方がかわるのか痛みを感じました。

また、20年ぐらい前にEMS機器を使ったことがあるのですが、その商品はお腹に専用のジェルを塗ってEMSベルトを装着するものでした。ジェルを買うのがもったいと感じた私は説明書にも書いてあった代わりの方法としてお腹に水をつけて使いました。

ジェルや水が電気刺激を通して肌にアプローチするのがEMSの仕組みだと思うのでそれ自体はいいのですが、ちょっとした動きをするだけで刺激が強く当たり、やっぱり痛みを感じることがありました。

その時の経験から、専用のジェルパッドはきちんと考えられて作られているということです。公式サイトにも以下のような記載がありました。

 

純正以外のジェルパッド使用による故障相談が増えております。
●3D Shaper使用時は、必ず専用の「ジェルパッド」をご使用ください。
●専用の「ジェルパッド」以外のご使用は故障や怪我の原因になります。
●専用の「ジェルパッド」以外をご使用した場合は、保証対象外となります。

 

冗談ぬきでこれは守った方がいいと思います。専用のジェルバッド、重要!

 

2. 使い過ぎないようにしよう

知人がEMSベルトを使った時の話です。きれいな腹筋に憧れてベルトをとにかくしていたどうです。その結果、腹筋が割れたと言っていました。その時にやはりEMSはいいんだなと感じました。

でも、その知人はせっかく腹筋が割れたのにその後EMSベルトを使うのを止めてしまったそうです。継続するのは難しかったそうです。

この時の理由は恐らく簡単なことで、ストイックに一日中ベルトをつけた生活をしていたせいでもあると思います。結果にコミットするではありませんが、一日も早く理想の体になりたいとあせるとずっとつけることを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

口コミにも仕事や家事でつけて…という書き込みがあったぐらいですから。でも、重要なのは短期間ストイックにやり続けることよりも継続してやり続けることだと言えます。

シックスパックを作って終わりではなく維持することをもっと意識しておいた方がいいのではないでしょうか。そのためには使い過ぎないことがポイントと言えます。

3D Shaperのプログラムは1回あたり10~16分です。スイッチを押すだけで簡単にプログラムがスタートするので使い過ぎてしまうかもしれませんが、無理せずプログラムをこなしていく方にフォーカスを当てることが長続きさせるコツと言えます。

 

▼ライザップ 3D Shaperの詳細はコチラ▼



 

-エクササイズ