アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

「ばけおに」訪問型のこども”しつけ鬼”サービスの価格は?

「ばけおに」という訪問型のこどもの”しつけ鬼”サービスというのが話題ですね。こわ~い鬼はこどもにとっては恐ろしい存在そのものだと思いますが、そこを利用してお子様の健全な成長を促すためのサービスのようですね。

実はわたしの甥っ子も節分の時には、このような鬼を登場させることによるしつけを1歳の頃から実際に親がしていました。

最初に送られてきた動画でその様子を見た時にはおばちゃんとしてはただただ「かわいそう」と思っていました笑

でもその甥っ子も現在は小学2年生になっていて今のところ勉強もスポーツも文武両道で、良い子に育っているように見えます(おばのひいき目かもしれませんね笑)。

 

「ばけおに」に関する詳細・お申込みはコチラ

「ばけおに」とは?

 

「ばけおに」って、元々は秋田の伝統としてよく知られている”なまはげ”をヒントにしていて「親子の絆」を深める目的をもってなされている”お子さまの躾のための訪問サービス”だそうです。

近頃は「しつけアプリ」というものもあるようですね。でもアプリでは親がこどもを守るという立場になることができず、なかなか親子の絆を深めるというところまで行き着けず、しつけをスムーズに行うための助けにはならないのではないか?という懸念があるものです。

そんな時、「ばけおに」の直接の訪問によって、より実際的なアプローチをすることが可能になるようです。

「しつけアプリ」に効果の薄れを感じたら、「ばけおに」の出番かもしれません笑

 

尚「ばけおに」が訪問する際の対象年齢としては、3歳~5歳が適当とされているようです。その理由は、3歳未満の場合にはただ怖いだけになってしまい、6歳以上だと、演技であるということを見破る力が出てくるからなんだそうです。私の甥っ子は1歳からだったから、ちょっとトラウマになってるのかなあ?なんて思ったり。。やはりプロにお任せするのも必要なことかもしれませんね。

 

「ばけおに」に関する詳細・お申込みはコチラ

「ばけおに」のサービスの価格はどのくらい?

 

「ばけおに」のサービスには興味があるという方は、我が家にも来てもらいたいのだけれど、価格が気になる~、お高いのかな?というのが気になりますよね?

 

☆料金

こども
5名まで
20,000円(税込)
6名以上 一人につき、
プラス4,000円(税込)

「ばけおに」の訪問型こどものしつけサービスでは、何も1名だけの料金ではないようです。5名まで同価格のようですので、おともだちを集めると一人4000円の計算でいけますね。

上記の価格の中には、しつけパフォーマンスと出張費も含まれているそうです。

また、「とくトクサービス」というシステムがあって、「ばけおに」の訪問サービスを受けた方がどなたかに紹介すると紹介した人に4,000円がいただけるそうなんです。 つまり、こども1名のために訪問サービスを利用した場合20,000円の費用がかかりますが、5人の方に紹介すると、元が取れるということなんです。これはお得ですよね。

この他にも、「ばけおに」の画像をSNS投稿に投稿すると1,000円割引というのもあるようです。

さらに、この「ばけおに」はなんと町中に出没する場合があるそうなんですが、その時写真に「ばけおに」をおさめることができれば1000円割引してもらえるんだとか。いろいろと面白い割引があって嬉しいですね(^_-)-☆

 

「ばけおに」に関する詳細・お申込みはコチラ

「ばけおに」では親に守られる安心感を重視

 

「ばけおに」の訪問サービスでは特に”親に守られる安心感”という点を重要視しているようです。その理由としては、そのことが親子の絆を深めてくれるからなんだそうです。

 

ですから、「ばけおに」がやってきて、お子様が恐怖で泣き叫んだその時が肝心なんだそう。

 

 

「ばけおに」に関する詳細・お申込みはコチラ

「ばけおに」で躾(しつけ)をしやすくする?

 

「ばけおに」が訪問してお子様がこわい思いをしたとき、ママがしっかり自分のことを守ってくれたという親への信頼感がお子様の安心感にも繋がる点がありそうです。

 

 

そのことによって、その後の生活に戻った時に、お子様への躾(しつけ)をしやすくすると言います。

でも確かに、こどもは親からの愛情がしっかり感じられた時、情緒が安定し、これまでも何度も同じことを言ってきたけど聞き入れることがなかったのに、なぜかスッと受け入れられるようになる、ということはあるように思います。

こどものためと思って言ったことであっても、その子が受け入れないのはその言われた事柄についてではなく、実際のところはその大抵は親そのものへの反発である場合が多いのかもしれません。

対人との関係性というのは、こどもであっても大人であっても同じで、信頼関係ができることによってほぼすべての問題がクリアになるものだと思います。

愛情が伝わると驚くほど関係性がスムーズにいく、ということから、躾(しつけ)もしやすくなるというのは納得ですね。

 

「ばけおに」に関する詳細・お申込みはコチラ

「ばけおに」訪問サービス時の安全への配慮とは?

 

「ばけおに」の訪問サービスって結構迫力満点でしょうね? こどもたちにとったらほんとこわくてこわくて絶体絶命!という状況にちがいありません。

実際に訪問してもらう時は、「危険なことがあるかもしれない」とか「ご近所さんに迷惑がかかるのでは?」といった心配が出てくるものかもしれません。

 

そこで、「ばけおに」が来る場合に配慮されている点を以下にあげておきたいと思います。

●お子様への心的、身体的な面での配慮
必要以上のストレスがかからないよう、「ばけおに」はお子様の様子を常に配慮しながら、声のはりあげ方の大小やお子様との距離を考えながら接するようにしていて、「ばけおに」が、直接お子様の体に触れることはないということです。

●万が一のけが予防の策としてご家庭でもいくつかの配慮をお願いされる
お宅がフローリングのケースでは、お子様に滑り止め靴下を履かせる、また素足でいてもらうよう事前にご家族に依頼があるようです。また転んだりした場合にけがのないよう、家具の角にはクッション等をつけておくなどもお願いがあるとのことです。

●ご近所への配慮

「ばけおに」の訪問サービスによってこどもの泣き叫ぶ声が外へ漏れた場合、近隣の方々が虐待が起きているんではないか?と心配されてしまう場合にも考慮して、あらかじめ見やすい場所に以下のような看板を掲示するようです。

色々とこれまでの主張経験から配慮されていますので、プロなので安心できる点はありますね(^_-)-☆

※尚、出張できる地域は東京23区が中心でその近郊までとなるようです。

 

 

 

▼「ばけおに」の出張サービスの詳細・お申込みは画像クリック▼



-サービス